内閣府 死因究明担当に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2015-02-26 (木) 17:37:11
  • 段階、参照:

趣旨

 官房審議官(死因究明担当)における公務の内容が、『(一)Website や、(ニ)広報課に確認を行っても不明確』だったので、担当の部署へと、直接に確認を行った。

  なお本案件は、別件で色々と調べていたら、偶然に見付けた事が起因である。

  • 参照
    • 幹部名簿 - 大臣官房 官房審議官(死因究明担当) - 内閣府

関する、課題

調査(確認)

内閣府 大臣官房 死因究明等施策推進室

(一)
 官房審議官の死因究明担当とは、『 死因究明等施策推進室の責任者 』を意味します。

(ニ)
 死因究明等施策推進室は、(あ)もともと死因究明等の推進に関する法律と言う法規が有り、(い)その効力が時限失効型(特定の期間まで、法的な効力を有する)だった事から現在だと失効しておりますが、(う)その課題における重要性から、当時の担当部署を改名して、現在でも課題を引き継いでおります。

(三)
 貴重な御意見を有難う御座います。

  • 平成27(皇紀 2675;2015)年02月26日

概要

(一)
 官房審議官(死因究明担当)とは、どのような職務を意味するのか明確にされたい。

(ニ)
 また、死因究明等施策推進室では、どのような職務を行っているのかを明確にされたい。

(三)
 更に、(一)、(ニ)を解かり易く、Homepage 上にも明記されたい。

(甲)
 なお現状では、(ア)死因究明担当の上に拉致被害者等支援担当の記載が有る事から、(イ)それに関連する死因究明担当と誤認する事も有るのかと想える(実際に私が、それらの疑いを踏まえ、確認を行っている)ので、(ウ)そうした誤解を発生させないような表現に改められたい。

動向(経過)の観察

報道

平成30(皇紀 2678;2018)年12月10日 現在


*1 平成26(2674;2014)年

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-22 (月) 19:05:00 (295d)