国 外国人の入国を、規制

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2014-12-31 (水) 22:43:48
  • 段階、参照:

趣旨

 軍隊経験、犯罪歴、日本国の国政に反対をする者の入国(一時入国、永住などを含む)を抑制する。

理由
 将来に国内において暴動、暴徒、犯罪の多発が予測される事から、その抑制を目的とする。

 また現状における在日の中華(台湾を含む)、大韓民国、朝鮮民主主義自民共和国を自称する自治区の民(北朝鮮とは、西洋的な呼称からの和訳である)等に対する嫌悪感を表する国民の活動も問題視されるが、それによって生じた状況を観察する限り、特定在日外国人による倫理性の低下を懸念するに至る。

 既に、第一弾が検討や実施もされているが、その第二段と成る。

 ちなみに国家公安、及び地方公安委員会は、「本件のような騒乱が生じ無い為に、事前に過剰な活動に付いて、許可を行なわないとの必義務が公務上において生じている」が、それを許可する状況から想えば、Elite(エリート)達が目論む台本の通りに、その自覚が無く参加する大衆を、哀れ思う

 よって、本来だと国家公安(及び公安調査庁:法務省に所属)、地方公安委員会の役割であるが、国民の個々にも相応の責任が有る事から、日本の国民、その一人の立場から、違憲な劇場型の政治戦略における台本の実行を阻止が求められる。

 なお、これまでの経済活動における体験から、『劇場型の政治戦略は、国民の個々によって変化する事』が解っており、「既に劇場的な展開が始まっている状況では、その台本を改訂させるか、自ら修正するに値する対抗の活動を行う事で、水のように流れる道筋と成った台本の展開を、更に自然的に変える事も可能で、それに着手するのも国民の責務である」と判断。

補足
 在日外国人に対する嫌悪感を表する活動に、「(一)日本人だけが参加を行っていると限らず、(ニ)嫌悪感を表する活動の団体に工作的活動を行い、騒乱に誘導されている可能性も疑える」との状態にも有る。
懸念
 「オウム心理教団に用いられたと思われる人間関係の工作と同じ方法で、精神病質者(Psychopathy(サイコパシー))を発生、製造を行わせ、反政府集団の形成を尾篭なわせつつ反目させ、現行政府の正義性を保つ(正義を保持する為に、悪を作る工作)手段で、『米国が得意とする思想的戦略である』が、本件に米国の関与があるのかは、不明。
解説
 ちなみに理由が何であれ、憲法や法律など日本国の規律に反する事は、共存性に欠けると判断されて排除(排他)的な対象と成るが、「もともと人の心境が変わり易く、簡単な外圧で大衆心理を操作が行える事から、Elite(エリート)(社会の中で、優秀とされ、指導的な役割を持つ、個人や集団)による自己優位性の観点から、大衆に『自らの有益性や正当性を高める為には、その反目と成る者が必要』と、悪党を育てる傾向にあり、近年だと Intelligence War(インテリジェンス ウォー) (今時代的な世界情報大戦)の戦略でも使われる工作の手段と想え、嫌悪感を表する活動も、不認知で操られている可能性も有る
結論的
 国家(国際)規模での工作が生じている可能性も疑えるが、理由が何であれ、違憲、不法な行為を行なう程に人間性が陥る事情では、「人の本能的な部分が操作されている事からも規制が行えず、それが故に、国民の個々による倫理性が問われつつ、「まだ日本国の民は、世界的規模で見ても、優秀な方である」のかとも想われるが、今後の入植者(在日外国人)が、母国で軍事の教育を受けていれば、後に本邦内で、暴徒や犯罪に着手をする率も、自然的に高まる可能性も有る事から、それらを懸念するに至る。

 なお、在日(日本国への移住:移民と異なり、帰化を求めない)の状態が悪いと言うわけでもなく、「世間的な環境が、時代と共に自然的に変化するが、その時に生じる歪から、弱い部分(例えば、人の誇りや尊厳などの心情)が傷付けられ、それにより対抗的意識を過剰にと抱きつつ、自己の正当性(主に、生存権)を主張するであろう過程は、予めに想定されている」と思われ、それを国連(米国が主権と言われ、主に Christianity など、特定の宗教を中心とする思想に基づいた倫理観で、運営される連合体)へと、助けを求めて来るだろう事までもを、予めに目論まれた筋書きによって構成された劇場的な戦略により、被害者が生じる可能性も予測が行えるのであり、『時代の流れによって生じた事件(悲劇)』と言うような事態に陥る事も懸念されつつ、それを事前に阻止するのは、現代に生きる者達(現代人)の課題と成っている。

関連の事案

  1. 国 外国人による土地購入の制限 - 日誌/進捗/平成27年度/6
  2. 国 移民の抑制 - 日誌/進捗/平成27年度/10

要望

 結果的に、入国前に精神病質に関する試験を導入する事で、最小の公務的工数で、今回の課題における最大限の効果を発揮させる事を目論む。

法務省 入国管理局 総務課 - 平成27(皇紀 2675;2015)年06月01日

(一)  現状では、面接的に一対一で入国審査が行われていますが、精神病質に関する適性検査に付いては、行われておりません。

(ア)
 また入国の審査に付いては、出入国管理及び難民認定法・第五条に基づいて行われます。

(ニ)、(三)
 貴重な御意見として、受け取らせて頂きます。

 (ニ)-(乙)-(A)
 なお、Visaの発行に付いては、外務省の業務と成ります。

概要

(一)
 現状において外国人が入国する時に、精神病質に関する適性検査が行われているのかを明確にされたい。

(ニ)
 組織犯罪に関与のある人や犯罪の為にと入国する者を阻止する為にも、精神病質に関する適性検査を導入されたい。

(甲)
 また、その検査内容に、『(ア)国内で事件に巻き込まれたらどうするか、(イ)大規模な災害や自己に巻き込まれたらどうするか』等の対象方法を把握されているのかも確認する要素を含めつつ、近年の外国人旅行者に対する安全性を確保されたい。
(乙)
 その試験を行う時期は、(A)Visa(ビザ)の発行や(B)入国の手続き、(C)入国審査の時などを検討されたい。

他省庁への要望

 以下の省庁には、文面で要望を行った。

文面の作成


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-15 (月) 11:28:03 (365d)