国 宗教の調査に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、係争中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2015-03-26 (木) 22:57:10
  • 段階、参照:

趣旨

 嘗ての日本国では、『民による、国家への献身的意識が強かった』が、現在だと多種の宗教や思想の集団によって分散され、更に各団体の悪事により、一般人が信仰や思想へ不信感を抱くのも普通で、ねずみ講のように構成員が増えつつ、それを奴隷化(鵜飼(うかい)()と同じく、資産の提供を求められ、それによって各団体が、資金を調達)する形式が、多く見られる。それらの殆どが、「違憲に該当すると判断する」が、それを国家が違憲とせず(黙認)するが故に、近年の本邦における経世済民的な利益の低迷が続いていると、判断。

 よって、『(あ)幾つかの宗教は、法人の取消を請求、(い)課税、(う)解散』の請求を、国家へと行う事を検討する。

補足

 立川市役所管内に設置されている宗教に付いて、色々と調べたが、嘗て Freemason(フリーメイソン) が関与を行っていた可能性を疑うに至っている。

Freemasonry 等
 自らの宗教的な優位性を図る為に、在日外国人を宗教に加担させ、日本国で優位な地位を与えつつ、後に『(A)学校の設立や、(B)大学の設置』等も支援、多摩の地域における開拓にも、深く関与を行った形跡が、随所(ずいしょ)に見受けられる。また、国内で在日外国人が優位的な地位を得た後、各々が母国への愛国心と異なる異教徒に発展、Christ 教、仏教、諸教などに関与を行って、独自の文化を形成するに至っている。
解説
 第二次世界対戦後、立川市役所にあった空港へ Macarthur(マッカーサー:Wikipedia)が来ており、米軍の基地も在った事から、当時の自治内(現在、立川市役所の管轄下)では、「米軍を相手にする商売で栄えた」とも言われている。朝鮮戦争時には、「米兵の死体を洗浄する施設も在ったが、現在だと跡地に学校が建設された」とも聞いている。
Jehovah's Witnesses と、創価学会
 以前から観察を行っているが、類似する部分が多く有り、立川市役所管内に在る、外の色々な宗教、思想の集団を見ても、拡大の方法に類似点が多く、宗教、思想の促進を行いつつ、そのどれもに在日外国人が関与する傾向に有る。且つ、在日外国人が本邦において、『(a)宗教、(b)思想』の構成員である事を信頼の基礎とする事で、本邦の民と交流を深め、各宗教の儀式も、結果的に「集金の目的」で行われている事が多く、政治家の Party(パーティ)とも類似する。結果的に協会、組合と言う独自の教えに基づく経済的な団体であって、共産(共闘)党ですらもが、外圧から操作されている(日本共産党は、中華人民共和国の共産党と異なる思想で展開されている)団体と、成っている。

 それらの観点からも、「 Freemasonry が、宗教、思想を、活性化する事に、関与を行っていた」と判断でき、「日本共産党までもが、操作されている」と判断するに至る。

補足
 「戦後からの Freemasonry 構成員は、現在だと世代も変わり、徐々に質が悪く成っている」と想われ、それに基づき、各宗教、思想の集団の質も、劣化する傾向に有るのか」と判断。

 また、立川市役所には、異常に宗教、思想の団体が多く、儀式などを介する形式で仲間的意識を強め、「信仰と言うより、人間的交流の拡大(工作:ねずみ講の形式)で、成り立っている」と判断。

 更に、自衛隊でも、文民統制(Civilian Control(シビリアン コントロール)Wikipedia)を主張するが、「自分(自衛官)達が、Barbarian Control(バーバリアン コントロール)Wikipedia)されている自覚が無い」とも感じられる。基本的に、Freemasonry 等も、『(α)Barbarian Control 、(β)全国民の恐怖感を煽る事』で、政治的な大衆の操作を行っている事が、解っている。

注意
 本邦の義務的教育では、政教の分離を刷り込みながら、各宗教、思想の構成員が、行政大規模な企業などに深く関与を行い(内部で、独自の集団を形成する傾向にある)、教育、医療、司法の分野を含め、幅広く Mafia(マフィア) 的な展開を行っている集団も多く、「宗教と言うより、神仏、精霊を語り、人を隷従(れいじゅう)(違憲:憲法の前文における趣旨に反する)を図り、行動や心理を操作する集団と成っている」のが、現状。

関する、法規

日本国 憲法(電子的政府)

昭和二十一年憲法

前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:31 (859d)