国 共産党と称する共闘集団に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、係争中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2015-03-28 (土) 10:36:18
  • 段階、参照:

趣旨

 共産党と称した同胞主義を形成して共闘活動を行っている集団が有ると判断している。

 そもそも共産と称しながら、他党との協調性にも欠けており、中華人民共和国で言う所の共産党とも異なり、日本国の国家構成から公務員が共産的活動に該当する(憲法¥第九十九条)が、その活動を阻害する等の事が有る。

 (一)他人の精神に害を与える活動や、(ニ)敵意を示す活動も行われている疑いが有り、(三)他にも公安上の観点』からも国民の一人として、観察を行う。

 よって、相応な観察を行い、必要であれば解散の請求を行う。

 なお「民主主義革命が必要である」と主張をしているが、只単に同胞を集める為に評しているに過ぎないと判断する。

共産主義の矛盾

 私の判断では、「Robot(ロボット)など論理を精密に遂行する者ならば成り立つが、人間や動物のように自由、勝手に行動する生物には、現状だと無理である」と判断している。  本節に付いて共産党員などと論議する事が無く、交流も行わない。

関する、法規

日本国 憲法

第九十九条
 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:31 (775d)