国 生活保護受給者の健康診断

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2015-03-31 (火) 13:27:04
  • 段階、参照:

趣旨

 「被生活保護者による医療費負担が、高齢化に伴い、増えている」と判断、その状態を、軽減する為にも、民の健康を、促進する必要が、有る。

 よって、「被生活保護者は、最低でも、年に一度ぐらい、健康診断を、受けて、健康を、管理する事の義務化」を、国家へと、要望を、行う。

事前の調査

立川市役所 福祉保険部 健康推進課 成人健診係 - 平成27(皇紀 2675;2015)年03月31日

 現状において、行われておりません。

 また、前年度の健康診断を、受けてない人には、当年度における健康診断に、関連する書類は、送付を、行っていません

概要

 現状で、「被生活保護者には、『年に一度、健康診断を、受ける』ように、促進を、行っているのか」を、明確に、されたい。

 なお、ニ、三年前にも、同じ内容の確認を、行っている。

補足

 立川市役所の管轄下には、異常な程に、宗教団体や、何だかの思想的集団(指定暴力団を、含む)が、多く有り、それらの多くに、在日外国人などが、関与を、行っている傾向も、有って、且つ、同胞主義者的な展開を、行う集団も、多い。

 また、何だかの団体に、民を、所属させる為、『一般人が、法律や何だかの規律を、解らないように、図る』との傾向が、有り、国民による憲法や法律に伴う自立性、それに関する学習の意欲までもを、削いでいる傾向に有る(人間関係工作の観察を、行った結果に伴う、判断)。

 よって、日本国の憲法や法律に照らすと、立川市役所の自治体は、異常と、判断するにも、至っている。

要望

厚生労働省 社会援護局 保護課 自立推進指導監査室 - 平成27(皇紀 2675;2015)年03月31日

 ご意見を、有難う、御座います。

概要

 以前から、被生活保護者も、高齢化するに至っており、医療費などの公費的な負担が、増えている状態は、健康増進法に、反する。

 よって、「被生活保護者は、最低でも、年に一度は、健康診断を、受ける事の義務を、課する」(の法規定化)を、検討されたい。

関する、法規

健康増進法(電子的政府)

改正
 平成二六年六月一三日 法律 第六九号

第一条(目的)

 この法律は、我が国における急速な高齢化の進展及び疾病構造の変化に伴い、国民の健康の増進の重要性が著しく増大していることにかんがみ、国民の健康の増進の総合的な推進に関し基本的な事項を定めるとともに、国民の栄養の改善その他の国民の健康の増進を図るための措置を講じ、もって国民保健の向上を図ることを目的とする。

第二条(国民の責務)

 国民は、健康な生活習慣の重要性に対する関心と理解を深め、生涯にわたって、自らの健康状態を自覚するとともに、健康の増進に努めなければならない。

第三条(国及び地方公共団体の責務)

 国及び地方公共団体は、教育活動及び広報活動を通じた健康の増進に関する正しい知識の普及、健康の増進に関する情報の収集、整理、分析及び提供並びに研究の推進並びに健康の増進に係る人材の養成及び資質の向上を図るとともに、健康増進事業実施者その他の関係者に対し、必要な技術的援助を与えることに努めなければならない。

第四条(健康増進事業実施者の責務)

 健康増進事業実施者は、健康教育、健康相談その他国民の健康の増進のために必要な事業(以下「健康増進事業」という。)を積極的に推進するよう努めなければならない。

第五条(関係者の協力)

 国、都道府県、市町村(特別区を含む。以下同じ。)、健康増進事業実施者、医療機関その他の関係者は、国民の健康の増進の総合的な推進を図るため、相互に連携を図りながら協力するよう努めなければならない。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-16 (月) 09:14:00 (298d)