厚生労働省 特殊清掃における安全性の管理

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2015-04-28 (火) 13:24:15
  • 段階、参照:

趣旨

 現在、特殊清掃員と言う業務が、一般的に、認識されており、その内容は、「孤立死などの遺体により、生じた、室内の汚れを。清掃する仕事」と、成っている。

 その作業には、『(一)医学的な感染予防、(ニ)特殊な洗剤や化学薬品の取り扱い』などの知識が、必要と、想われ、相応の技能も、必要とされる。

 よって、『作業中の事故を避ける為にも、相応の知識と、能力が、必要』と、解るので、「相応な制度が、有るのか」を、確認する。

 なお、現状では、無資格で、行える事は、判っている。

確認

厚生労働省 健康局 結核感染症課 特定感染症係 - 平成27(皇紀 2675;2015)年04月28日 - 41分32秒

(一)
 現在のところ、主管と、成る、部署は、有りません。

(ニ)
 (御意見、御要望が有りました事を)解りました。

概要

(一)
 近年に、孤独死や、自殺などの関係で、生じた、遺体によって、汚れた部屋を、特殊的に清掃する業務が、有り、「それに関連(管理、規制)する、部署が、公的機関に、有るのか」を、明確にされたい。

(ニ)
 その業務において、『(あ)腐敗するに、至った、人体からの体液、(い)血液など、体液が、付着する医療品』等を、処理する事も、ある。

 また、科学的な洗剤や、薬品が、使われ、それらの取り扱いに付いて、相応の知識も必要とされる。

補足
 洗剤や薬品の化学反応から、毒物が、発生する事も、有る。

 よって、飲食店の運用ですら、食品衛生責任者が、必要なのだから、『業者や、一般の国民へ、相応の知識や、技能を、得られる講習を、保健所などを、介する形式で、行われる事』を、検討されたい。

 なお、本節の要望に付いては、『(ア)厚生労働省 医政局(医療品の廃棄に関する取り扱いの規定)、(イ)厚生労働省 健康局 生活衛生課(建築物環境衛生管理基準)、(ウ)消防など危険物取り扱いに関連する部署』の三部署で、協議を、行い、検討されたい。

経過的な観察

鑑査

令和元(皇紀 2679;2019)年06月06日 現在

 近年に、「殺人に、着手後、死体を、処理する」との過程で、特定の薬品を、用いて、死体を、処理する事が、問題視されている。

 「本件の特殊清掃業でも、使われている薬品が、悪用されている可能性を、疑う」にも、至る。

報道

令和元(皇紀 2679;2019)年02月06日 現在


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-06 (木) 09:21:03 (21d)