国 自衛隊における、Ranger 隊の教育

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、係争中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2015-05-05 (火) 14:55:09
  • 段階、参照:

趣旨

要望

防衛省 大臣官房 広報課 - 平成27(皇紀 2675;2015)年05月05日

(一)
 日曜、祭日は、運営が、行われておらず、通常日の9時から、受け付けて、おります。

(ニ)
 防衛省には、(甲)防衛省 内部々局(大臣官房) 広報課、(乙)陸、海、空の各自衛隊に、広報課が、有り、Ranger(レンジャー) に付いては、陸上自衛隊が、該当。

概要

(一)
 本日は、祭日と、成っているが、「広報課が、運営されているのか」を、明確にされたい。

(ニ)
 また、問い合わせの内容は、「自衛隊員の教育に関する件ですが、該当する部署は、どこか」を、明確にされたい。

補足

 陸上自衛隊の広報課を、紹介されたが、戦闘の訓練などに、関する内容なので、相応の研究が、行われている部署に、要望を行いたい」との要望を、経て、後日に 防衛省 大臣官房 広報課へと、問い合わせる。

防衛省 大臣官房 広報課 - 平成27(皇紀 2675;2015)年05月05日

概要

  1. 徽章(きしょう)
    • 西洋的思想に、基づいた、象徴に、成っている。
      • そもそも、Diamond(ダイヤモンド) は、「 Freemasonry(フリーメイソンリー) の象徴でも、有る」と感じられ、「 只の石を、上手に、加工を、行って、価値を、見出す、技能 」*1と、言った、印象を、抱くに、至る。
  2. 排除命令
    • 基本的に、現在の日本国では、排除の命令を、行う、必要性が、無く、無力化が、求められる。
      • 排除には、敵の命を、奪う事が、含まれる。
  3. 教育の内容が、大日本帝国時代に、行われていた、洗脳的教育にも、似ている。
    • 「その教育的方法は、世界的に、使われている」が、Terrorism(テロリズム)でも、使われており、「宗教上における、修行」と称する形式で、悪用されている事も、有るが、「実践において、然程に、役に立たない」と、想われる。
    • 実際の Terrorism 活動を、NEWS(報道)等で、見ても、判る通り、彼ら( Terrorist )の攻撃性を、事前に、抑制する能力(教育)にも、欠けている。
      • 国内の暴力団でも、似たような教育的環境を、用いる事が、有る。
    • 隊員に。合格後でも。自殺者が。出ており、それらの理由に「精神的にも、過酷だから・・・」と、幹部が、言い訳するのは、本来だと、適切と、想えない。
      1. 自爆 Terrorism を、観察する事で、解る、通り、単純な教育で、それにと、参加するのが、実情で、「嘗ての大日本帝国時代には、特攻隊の志願者が、居た程に、『敵( Terrorist )側の攻撃におけるは、技能は、然程に、求められていた、訳でも、無く、それに、自滅する事に、成るのならば、高度な技能が、有っても、意味が、無く、「 Terrorist による、『人の本能的な行動に、基づく、防御の感覚』が、必要」と、想われる。
  4. 森林、山間での訓練
    • 重装備は、非現実的
      • 本邦では、他国への侵略は、想定されておらず、国内への侵害に、対抗する程度の能力が、求められる。
      • 制空権を、支配されない限りでは、重装備を、必要とされておらず、無意味に、重装備を、行って、行動に、制限を、行っても、「洗脳的に、達成感を、得られる程度の効果だけで、現実的に、侵略などの有事には、軽装備で、動きまわらなければ、基本的に、兎などの動物を、狩るよりも、簡単に、殺傷される、可能性も、有る」事から、無意味と、想える。
      • 実践的な物資の輸送は、空輸での投下、別部隊による、陸送の経由で、輸送などが、殆どに、成るのかと、想われ、その観点に、欠けるからこそ、「東日本大震災時には、災害の後処理で、『生き残った人は、助けて、あげます」と、言う程度の活躍に、限られている」のが現状で、本来ならば、生存主義者(Survivalist(サバイバリスト))的に、災害の発生時における、「危険な地域にて、一般人は、どのように、災害を、免れるか」の教育を、行うような立場に、有る必要も、有って、それが、自衛であり、日本国の憲法・前文で、言う、「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」と、言う、趣旨にも、合致するが、それが、「現状だと、行えて、ない」のだから、違憲的である。
  5. 爆破の訓練
    • 「島国である日本国で、実戦が、生じた場合、物資の供給などの問題から、敵側の機器を、破壊するのでわなく、奪取するのが、基本的と、成るはず」と、想える。
      • 「異常に、破壊的工作の課題が、多い」と、感じられ、その技能や知識は、退役後だと 逆に、Terrorism へと、協力する程度の外、使い道が、無い
      • ちなみに、『敵側の重火器を、奪って、使用する事』は、「敵側に、混乱を、生じさせる、有効な手段でも、ある」が、発砲音で、見方からの攻撃を、受ける事も、有るのかと、想われ、それを、避ける為にも、特殊な判断力(発砲音の向き、弾道の判断など;敵側の兵器による発砲でも、敵側に、向けて、攻撃を、行っている等、『同胞に、攻撃が、無い』のならば、それを、攻撃する理由は、基本的に、無い」等の戦場における判断的技能)が、必要とされる。
    • 建物、橋、道路などの破壊
      • 敵の進行を、妨げる為の工作が、行われる事も、有るのかと、想われるが、基本的に、普段に、利用されている状況から、「敵に、利用されない工夫(仕掛け、仕込み)」を、行い、自国の利益にと、作られた物が、敵に、利用される状況は、建設上における目的の趣旨に、反するのだから、必ず、敵に、利用されないような(建設の段階で)考慮する必要が、有って、爆破的工作防御の課題と成りつつ、それが自衛(予防:この予防は、人の健康、防災、防犯にも、通ずる)の精神に、求められている。
  6. 意味の無い『扱き』
    • 『「扱き』と、称する虐待的行為が、行われている」が、基本的に、Terrorist(テロリスト)を、相手にする場合は、無意味と、想える。
      • Terrorist の幹部達は、基本的に、生存主義者が、多く、「悪を、行っても、生きているのは、神の御加護が、有り、それが、正義だから」と、言う、典型的で、単純な志によって、構成されている場合も、多く、「捕虜などの存在的価値が、無い」と、判断する場合は、『即時に、殺処分される』と、想われ、「特に、偵察(狙撃)兵、特殊兵を、捕らえると、それ(捕虜)を、奪還する為に、攻撃の目標と、成る」ので、『特別な理由(価値)が、無い限りは、即時に、殺処分するのが、敵側の行動における、基本』と、想われ、「捕虜に成った場合、過剰な強心的態度で(仮に、Geneva 協定や戦争に、関連する国際法などに、基づいて)、敵に、接すれば、即時に、殺される可能性の方が、高く、成る」と、想える。
      • それに、自殺者も、多く、「『過酷な訓練だから』と、言う理由は、通用されず、違憲的(憲法 第二十五条に、反する)のかと、判断できる」のだから、改める必要も、有る。
      • 更に、実践の経験が、有ったり、殺人犯など、殺人経験者による教育は、然程の内容でもなく、現実的にも Terrorist 養成の学校や教育、指定暴力団による、教育でも、過酷な『扱き』等を、行っておらず、日本国の歴史で、言う、第二次世界大戦に、行われた少年(学徒兵)兵教育や、戦場に、言った事が、無いような、上官に、扱かれつつ、無意味に、戦死する人の数の方が、多かった、歴史が、本邦に、有りながらも、「その過去から、現代人が、何を、学んだか、解らない(戦争の犠牲者を、自然的に、冒涜するかの如くな、状態)」と、言うような、それ同等の教育を、行っているように、一般的に、思えるのだから、仮に、相応の理由が、有るならば、国民に、求められたり、その必要性を、国民へと、適切に、説明(「違憲、不法には、値する事が、無い」と)する事が、求められる。

補足

 模擬戦闘で、使われる空砲は、意味が、無く、経費も、高く、成るので、Laser Pointer(レーザー ポインター) と、その受信機を、用いて、実践に、近い環境で、訓練を、行われたい。

 ちなみに、近年では、特殊的任務など、少人数の対戦に、消音機を、付けない、重火器で、挑むのは、特別な理由(誘導的作戦など)が、無い、限り、行われないと、想われる。

 近代的兵器では、無人の機関銃など、重火器、及び、Robot(ロボット)、偵察機などに、Drone(ドローン)が、使われている事は、小学生なども、GAME 等を、介する形式で、広く、知られている状態にあり、市販の GAME よりも、非現実的環境で、訓練を、行っている状況は、「 Terrorist の訓練に、比べれば、然程の価値(能力を、得られる)が、無い」と、想える。

 また、Laser を、使う利点には、「(一)夜間ならば、消音機を、付けた、敵を、想定(弾道の確認:ちなみに、夜間の実践で、Laser を、使えば、逆に、位置が、明確に、成る)が、行え、(ニ)昼間の戦闘ならば、電子的な空砲音を、加える事で、敵の重火器における、発砲音の判断(方向、弾道)、Laser の受信装置を、体に、付ける事で、「どの部分に、被弾させたか」も、解るが、それは、嘗て、子供の玩具でも、似たような物が、流行った時期が、有り、それの高性能型と、理解されたい。

 よって訓練には、Laserと、その受信機を、用いて、行われたく、経費の削減を、前提に、検討を、行われたい。

 また、自動化、無人化された兵器も、『個人による、工作の程度(技能)で、作れる』のだから、過剰にと、直接的な人為的活動に、拘る必要も、無く、大日本帝国軍であれ、Vietnam(ベトナム)戦争のViệt cộng(ベトコン)(ベトナム軍人)でも、最新鋭の武器でわなく、原始的な罠Trap(トラップ))で、対抗を、行った、事実からも、解る、通り、「過剰と、成る、人為的な行動は、その工数が、多い分だけ、人為的な錯誤が、生じる可能性も、増すだけ」(人為的な錯誤:Human Error(ヒューマン エラー)Wikipedia)で、「戦闘における、感覚を、改めてもらう必要が、有る」のかと、判断するに、至る。

関連する、法規

日本国憲法(電子的政府

昭和二十一年憲法

第二十五条

 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

二項
 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

Conventions de Genève(ジュネーヴ 諸条約)


*1 留意 Diamond は、金槌(かなづち)等で、思いっきり、叩くと、砕ける事が、解っている。本節の追記は、令和元(皇紀 2679;2019)年06月15日。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-19 (日) 17:05:00 (75d)