LAN File Server の構築

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 早急
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/PC
  • 投稿日: 2015-05-16 (土) 10:45:35
  • 段階、参照:

趣旨

 転居の準備に伴い、PC 環境の整備を行っているが、これまでにFile Server として利用していた PC の機体は、旧型で、大きい物だったので、それを古い PC を使いつつ、今時代的に小さい機体で可能とする事を検討する。

 また、これら構築に使われる OS の Soft 等は、全て無料で使える物だけを用いる。

 もともと、HDD 160G で構成していたが、それが以前から OS 側で 『 HDD に異常が有る 』との警告が出ており、将来に HDD が破損する事も予測されていたので、良い機会と成った。

 なお、File Server の構築を優先している理由は、これまでの人生における電子 Data の予備が、危機管理上において三段階(一、二、三次)の保護において、二段階(二次:危機管理上においては、中度の精度)にまで落ちてしまう為に、優先的に作業を進めている。

関する、課題

  1. Webserver 予備の HDD を構築 - 日誌/進捗/平成27年度/96

構築の課題

 OSは、初期に導入した後には、基本的に Update(アップデート)、Upgrade(アップグレード)を行わず、LAN 内だけで長期的に使う予定で、定期的な整備も不要な環境を構築する。

 なお、HDD の破損(劣化)に備えて、代替 HDD を簡易的に作成する Program(プログラム:Shell Script)も作っておき、次回から OS と幾つかの Program を導入後は、Soft の構築を自動化する。(既に、Webserver の構築でも用いている手法を代用する)

機体の選定

 当初は、候補に、市販の NAS(Network Attached Storage)、玄箱などの導入を検討したが、PCの整理を行っていたら、予備機の Note型 PC が幾つか有るので、それを再利用する事で決定した。

機体

  1. IBM Thinkpad i Series 1465 Model - 断念
    1. HDD 100G
      1. 機体の内部に有る電池が消耗している事が解り、予備機に変更
  2. Thinkpad i Series 1200 1161-73J
    1. HDD 100G

 Server の構築( HDD の作成)は、予備機で行った。

問題点

  • IBM Thinkpad 240
    1. 100G の HDD を認識しない。
      1. 機体に CD-ROM の Drive が付いてない。

OS(Operating System:Wikipedia

  • Ubuntu Server Edition
    • 以下の Version では、Install 時に、Error が出るので導入を断念
      • 10.04 LTS - 2010年4月29日に公開された
      • 12.04 LTS - 2012年4月26日に公開された
      • 14.04 LTS - 2014年4月17日に公開された
  • Debian
  • 8 - 2015年4月25日に公開された

 初期に Ubuntu(Wikipedia)の導入を試みたが、設定の段階で Error が出てしまう事から、急遽に Debian(Wikipedia) を導入する事に決定した。

  • 平成27年05月21日

Debian と僕

 もともと Debian 3 Desktop*1(2002年7月19日に公開)を LAN 内に Faile Saever として導入しており、これまで Version Up を行って、4、5、6、7として使用を続けていたが、『(一)それの機体を変更する事と、(ニ)Web Server で Ubuntu Server Edition を用いていたので、OS の統一性を図る事を前提を目論んでいた』が、結果的に元祖 Debian で続行と成ったが、今回から Desktop 版を使わず、Console(コンソール)画面だけの利用(導入、設定)を行い、無駄な機能を省きつつ、最新の Version 8を導入する事と成った。

File Server

 制御の Soft として、SWAT(Web経由で設定を行う為に、別途で Apache2等のSoftも必要とする) の導入も検討したが、Debian 8 が公開されたばかりで、関連する情報に乏しい事から導入を断念しつつ、各種の設定を手作業的に行うが、Script Program(スクリプト・プログラム)を作成して、簡易的な作業で導入を可能とする方法を模索する。

Script Program

 初期の段階で、必要とされる作業を確認しつつ、それら(Command:コマンド)を Script 化する。

 結果的に、今回の File Server に付いては、SAMBA と、その作業に関連する Program 導入だけなので、Web Server の構築よりも簡単な内容に成ったが、それが完成する(調整を終える)までに時間を要した。

  • 平成27年05月22日

*1 実際には、Debian 2 の利用を試みていた時期に、3 が出たので、それを起用している

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:32 (614d)