国 海外からの移住に、精神病質性の適正検査を実施

  • 頁名: 日誌/進捗/平成27年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2015-05-24 (日) 10:31:52
  • 段階、参照:

趣旨

 昔から日本国に在住する外国人による犯罪が発生しており、近年だと以前よりも渡航者が増えている事から、事件の発生率も比例して増えている。

 そうした事態を避ける為に、日本国へ入国を希望する者には、精神病質性に対する適性の検査を受けてもらい、国内での事件発生を抑制する事を試みてもらう。

 この精神病質性に対する適性の検査とは、「日本国で自動車運転を習得する為に、適性検査を自動車学校などで受けるが、それと類似する形式で、『自己の現状における性格を知る(自覚する)こと』にも繋がる検査」でもあって、「(甲)毎年に検査の内容が変わりつつ、(乙)三年に一度しか受けれず、(丙)基準を満たしていれば入国が行え、基準を満たせてない場合には、条件付で入国を許可したり、入国を許可しない(既に入国している場合には、許可の剥奪する)」との検討をする事で、だいぶ事件の発生を抑制することが可能に成るのかと想われる。

補足

 また一般の国民に対しては、中学校一年生程度の時期に精神病質の適性検査を導入する事で、「自己の性格を自覚させつつ、それを補う訓練(学習:自己の性格を改善する努力)も必要とする事を認識させ、思春期に生じやすい非行な行動を抑制する事も可能に成る」のかと想われる。

 なお嘗て行われていた学力試験(全国学力・学習状況調査:Wikipedia)だと、「精神病質者の学力も測定されるが、重悪犯罪に着手をする者は、意外にも学力(知能指数など)が高い事も有る」ので、犯罪の抑制に繋がらない事が解る。

要望

 簡易的に、『 電子的政府( e-Gov ) > 各府省への政策に関する意見・要望  』を介する形式で、各省庁に行う。

文面の作成

  • 自由な研究/万学 2 - No.556
    • [送付先]
      • 宮内庁
      • 内閣府
      • 法務省 - 入国管理局、公安調査庁
      • 警察庁
      • 外務省

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-28 (月) 23:47:41 (31d)