調査 仮想現実的 軍事 - 射撃、武器の扱い

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-01-25 (月) 21:12:03
  • 段階、参照:

趣旨

 銃火器の扱いに付いてを、GAME 形式で遊びながら覚えるであろう SOFT が有り、その能力が後に、犯罪に使われる可能性が懸念される。

 また日本国内では、警察官から銃を奪って、警察官に3~4発を発射した内、三発が当たったと言う事件*1が発生しており、銃の扱いを把握している者(安全装置を外す等の知識が有る者)による犯行が疑われる。(該当の警察官が、安全装置を外していた可能性も疑える)

関する、課題

調査

GAMEで使用される模造銃と視覚の効果

 模造銃と、視覚的な効果を用いて仮想空間が構成され、本格的な動作を GAME 内で要する。

+  YouTube

銃の分解、整備など

 銃の分解や組み立て、弾丸の発射を仮想的に実験するなど。

+  YouTube

3D Printer

 3D Printer を使って、銃火器などの武器を作成する事が世界的な脅威と成っている。

+  YouTube

結果

平成28(皇紀 2676;2016)年01月25日 現在

 近年では、より現実的な視覚的映像(仮想現実的)で、物事を学ぶ機会が増えている。

 その中でも銃の扱いに付いては、日本国内だと一般的に手にする事が無くても、こうした GAME 等を通して、Puzzle(パズル)的に遊ぶ(自然的に学ぶ)事で、自然的に銃の分解、整備の知識を得つつ、その知識が後に何だかの犯罪に用いられてしまう事が懸念される。

 また銃火器に興味を示す少年(少女)達が、後に武器を所有する仕事を求める可能性も有るが、それに対する健全性が求められている。

 現在だと日本国内で、銃や部品などの取引が禁じられている(銃砲刀剣類所持等取締法・第三条の二)が、Internet を介したりして、銃の部品(Scope:スコープ)等が売られている事も有って警戒を要するが、一般人からの協力(警戒)も必要とされる。

3D Printer

平成28(皇紀 2676;2016)年01月25日 現在

 現状の日本国内では、その理解度が未だ低いが、時代的な観点で徐々にと一般的へと認知度が広まっている。

 現状では、比較的に武器の作成よりも、性的な分野での関心が高まっている。

 また警戒する分野としては、銃火器を好む愛好家などによる作成と、それの転売が懸念される。

+  YouTube

追加の情報

関する、法規

銃砲刀剣類所持等取締法(電子的政府

改正
 平成二六年一一月二八日 法律 第一三一号

第三条の二

 何人も、次の各号のいずれかに該当する場合を除いては、けん銃の銃身、機関部体、回転弾倉又はスライド(以下「けん銃部品」という。)を所持してはならない。

一号
 法令に基づき職務のためけん銃を所持することができる者がその職務のため所持する場合
二号
 国又は地方公共団体の職員が試験若しくは研究のため、又は公衆の観覧に供するため所持する場合
三号
 前二号の所持に供するため必要なけん銃部品の管理に係る職務を行う国又は地方公共団体の職員が当該けん銃部品を当該職務のため所持する場合
四号
 第四条又は第六条の規定によるけん銃の所持の許可を受けた者が許可に係るけん銃に取り付けて使用するため所持する場合
五号
 第十条の五第一項の規定によるけん銃部品の保管の委託を受けた者がその委託に係るけん銃部品を同条第二項の規定により保管のため所持する場合
六号
 武器等製造法 の武器製造事業者又は同法第四条 ただし書の許可を受けた者がその製造に係るものを業務のため所持する場合
二項
 前項第六号に規定する者の使用人で同号に規定する者があらかじめ事業場の所在地を管轄する都道府県公安委員会に届け出たもの(同号に規定する者が前条第三項の規定により届け出たものを含む。)が同号に規定する者の業務のため所持する場合は、同号に定める場合に含まれるものとする。
三項
 前項の規定による都道府県公安委員会への届出に関し必要な細目は、内閣府令で定める

*1 僕の認識では、「昔から警察官の銃は、暴発を避けつつ、威嚇に用いる為に、弾奏の一発目が空砲に成っている」と言われている

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-15 (水) 21:46:46 (140d)