国際 Russia(ロシア)と、北朝鮮の関係

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-06-07 (火) 16:12:02
  • 段階、参照:

趣旨

 朝鮮民主主義人民共和国を自称する自治区(本邦での俗称は、North Koreaを和訳した北朝鮮が多く用いられている)は、もともと反日的国家として、Russia(ロシア)の介入によって立国されたと世間一般的に言われている。

 また、朝鮮民主主義人民共和国を自称する自治区の代表は、代々に親子関係での継承が行われており、親の意思を子が引き継いでる可能性も高い。

 よって、現在でも朝鮮民主主義人民共和国を自称する自治区が、反日本国を前提に自治を維持しているならば、本邦にとって脅威と成るのだから、その排除を検討するのも国民に課せられている責務だが、それ以前に現在でも朝鮮民主主義人民共和国を自称する自治区が、反日本国を前提に自治を維持しているのかの事実を確認する必要が有るので、相応の調査を行う。

関する、課題

事前の調査

外務省 AISA 大洋州局 東亜細亜課

(一)
 旧 Soviet(ソビエト)連邦の介入により立国された自治区です。

(ニ)
 (外務省の)認識では、時代や代表者の交代により、昔と今とでは、だいぶ変わってきており、反日的活動と言う意味合いでは、薄らいでいます。

(三)
 「軍事的な観点から、共闘して日本国に対抗するような動きは、無い」と判断しています。

 主に、労働者の提供や産業的交流です。

概要

(一)
   「朝鮮民主主義人民共和国を自称する自治区は、もともと旧 Soviet(ソビエト)連邦の介入により、朝鮮半島を支配していた大日本帝国に対抗する目的で集団を結成させた」と世間一般的にも言われているが、それが事実なのかを明確にされたい。

(ニ)
 また、その自治区による代表は、親子関係で代替わりを行っているが、(外務省の認識として)現在に至っても、反日的活動を続けているのかを把握を行いたい。

(三)
 序に、朝鮮民主主義人民共和国を自称する自治区と中華人民共和国が共闘して反日的な思想の基で国際的関係を維持してるのかを確認したい。

 また朝鮮民主主義人民共和国を自称する自治区と中華人民共和国の今時代における外交状況を知りたい。
  • 平成28年06月07日

外務省 欧州局 Russia課

(一)
 現在担当者が不在です。

概要

(一)
 本邦との関係を(外務省のHP:Russian Federation)地域情勢、基礎情報にて明確にされたい。

 (甲)
 不在と言う事なので、担当者への託(ことずけ)として受けられたい。

(ニ)
 そもそも基礎情報が、平成25年1月1日から更新をされてない*1ようなので、更新を行うように伝えられたい。

  • 平成28年06月07日

*1 平成28年06月11日現在

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:33 (536d)