調査 仮想的現実 航空機の操縦

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-01-26 (火) 00:03:24
  • 段階、参照: 再調査(調査の続行) 平成30(皇紀 2678;2018)年04月08日から

趣旨

 一般で市販されている SOFT と操縦の装置を用いて、訓練が行えるのかを調査する。

関連の課題

  1. 国 Network GAME 税の設置 - 日誌/進捗/平成26年度/262
  2. 国 Network GAME 設置者に風営法を適用 - 日誌/進捗/平成26年度/263
  3. 国 仮想的現実での軍事的な訓練 - 日誌/進捗/平成28年度/8
    1. 調査 仮想的現実 軍事-偵察機 - 日誌/進捗/平成28年度/9
    2. 調査 仮想的現実 軍事-銃火器、射撃 - 日誌/進捗/平成28年度/10
      1. 調査 仮想的現実 軍事-狙撃兵 - 日誌/進捗/平成28年度/78
    3. 調査 仮想的現実 軍事-車両 - 『 調査 仮想的現実 自動車の運転 』と併合
    4. 調査 仮想的現実 軍事-体感 - 日誌/進捗/平成28年度/13
    5. 調査 仮想的現実 軍事-医療 - 日誌/進捗/平成28年度/15
    6. 調査 仮想的現実 軍事-無線 - 日誌/進捗/平成28年度/16
    7. 調査 仮想的現実 軍事-AI - 日誌/進捗/平成28年度/56
    8. 調査 仮想的現実 軍事-地形 - 日誌/進捗/平成28年度/57
    9. 調査 仮想的現実 軍事-格闘 - 日誌/進捗/平成28年度/59
    10. 調査 仮想的現実 各国の現的な軍隊 - 日誌/進捗/平成28年度/98
  4. 調査 仮想的現実 航空機の操縦 - 日誌/進捗/平成28年度/11
  5. 調査 仮想的現実 自動車の運転 - 日誌/進捗/平成28年度/14
  6. Server 研究 ARMA 用の Server を構築 - 日誌/進捗/平成28年度/51
    1. 自由な研究/PC/研究 Server 01 - Server の運用を PC へ移行

調査

SOFT

 視野的な完成度が高いと判断できつつも、操作性に付いては、かなり簡易化されている部分が多いので、現実性の観点からは、その完成度が薄い。

ARMA3
Flight Simulator X

Flight Controller(フライト コントローラー)

 数多く、色々な甲背的な種類が販売されており、操縦席(Cockpit:コックピット)を自作する人も居るが、『(甲)重力、(乙)気圧、(丙)計器の不足など』から、現実味が薄く、かなり簡易的な訓練程度にしか成らない。

 それでも視覚的な部分に付いては、かなり現実的に成っている。

結果

 こちらに付いては、(一)体感性が薄く、(ニ)操縦機も色々と各社で個性的な商品として販売されているが、現実的な操縦としては、簡易的な学習に成っても実用性が低いと思われつつ、(三)視野に関する部分に付いては、かなり現実的に仮想化されているらしい事が解っている。

 ちなみに別分野となる、UAV(Drone:ドローン)等の偵察機に付いては、その操縦性が代用される可能性も有と判断できるが、既に Drone に付いては、『すまほ』等の携帯電子機器(Tablet:タブレット等)でも操作が行える事が解っているので、本件の操縦機器よりも、そちらの方が驚異的であると判断できる。

 また、「機体を入手する事は、一般的に困難だと想われる」が、嘗てオウム真理教団が、Российская Федерация(ロシア連邦)製の Mi-24 攻撃 Helicopter(ヘリコプター) を購入した後に、他国を経由して海上輸送を行い本邦(教団施設)へ運び込んだ」との事例が有る。

 よって「機体の入手と言う部分では、別件で問題視される」が、本件の調査で、「(一)SOFT 的な部分において、年々に現実化されている傾向が有っても、(ニ)操縦の経験を有する者で無い限り、飛行の訓練に成ると想えず、(三)仮に航空機の乗っ取り事件が発生しても、別の操縦士が補助を行わない状態では、飛行が行えないと判断(前出の少年による飛行機の乗っ取り事件では、「機長が殺害されても、副機長が犯行者による操縦の補助を行っていた)」するに至っている。

 なお、「(四)飛行(実施)訓練を受けた者が、簡易的な飛行の訓練を目的として用いる事が可能である」とも想える。

  • 平成28(皇紀 2676;2016)年01月26日
    • 追記、再編集
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年01月31日

傾向

平成30(皇紀 2678;2018)年04月08日

ARMA 3 Helicopter DLC

  • 発売 平成26(皇紀 2674;2014)年11月4日
ARMA 3 用 Modification(M O D) の 例

ARMA 3 Jets DLC

  • 発売 平成29(皇紀 2677;2017)年05月16日
ARMA 3 用 Modification(M O D) の 例
補足
 昔から、未確認飛行物体(Unidentified Flying Object(U F O))の目撃で、世間的に賑わう事も有るが、僕の判断だと、「(非公表の)軍事的飛行物体が含まれている」と、判断するに至っている。
留意
 近年に開発されている軍事的航空機では、隠密( Stealth(ステルス) )性が高い物も有り、それが国際的に公表された後でも、「機体の認識が行えず、未確認飛行物体の扱いに成る事も有る」と、判断するにも至っている。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:33 (343d)