最高裁判所 裁判員制度で取り扱う事件

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 早急
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-06-17 (金) 16:32:28
  • 段階、参照:

趣旨

 『(一)殺人未遂の事件は、裁判員制度で裁かず、(ニ)指定暴力団の関与が有る事件などで、事前に裁判員に危険が及ぶ事が予測されるような事件も除外される』と、裁判員制度の推進者として判断している。

 ところが、それらを逸脱した福岡地裁小倉支部で、指定暴力団の構成員が、裁判員に対して脅迫等を行い逮捕された事が解った。

 表見的には、報道等を介して指定暴力団側が悪いと言うような内容で報道されているが、僕の観点だと裁判所側に過失が有ると判断しているので、告発の準備を行う。

 つまり裁判所側では、『(甲)予めに裁判員に危険が生じる可能性を事前に解りながら、殺人未遂事件を故意で裁判員制度にて、裁く事を検討しており、(乙)実際に、裁判員が脅迫をされ、(丙)実行犯が逮捕された』が、そのような環境を形成した主原因(責任)が裁判所に有ると判断でき、当然に公益を保持できない裁判所の人員を排除するのは、正当防衛としての国民に課せられた義務でもあるのだから、相応の対処を行う。

補足

 司法側に居る精神病質者(警察官、裁判官、弁護士等)の特徴として、事件を誘発する国民に不利益を生じさせる事が解っている。

 それらの多くが、『(一)上官による実験的な試みや、(ニ)政治や思想に伴う思惑から』だと判断している。

 僕の体験では、警察庁、警視庁の人員によって生じる事を確認しており、他にも裁判官や裁判所の職員による職権の濫用を確認しており、だいぶ前から告発を行っている。

 今回の事件では、主原因の裁判体が遠隔地と成るが、簡易的にと最高裁に告発を行う。

関連の課題

要望

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 平成28(皇紀 2676;2016)年06月17日

 (御意見、ご要望が、有った事を)はい、解りました。

概要

(一)
 福岡地裁小倉支部で生じたとされる、裁判員への脅迫に付いて、『その事件を裁判員制度で対処する事を起用した裁判官、及び関係する職員』に対して、過失が無かったのかを調査されたく、過失があれば排除をされたい。

殺人未遂事件
 僕が把握している限り、殺人未遂の事件は、裁判員制度で扱わないと判断している。
理由
 裁判員が報復等の危害を受けない為に、刑期が短い事件に付いては、扱わない事に成っていたと判断している。
指定暴力団の関与
 やはり裁判員が報復を受ける事を避ける為に、取り扱わない事に成っていたはずである。
通常裁判への移行
 裁判員の安全も確保されなにも関わらず、裁判員裁判で続行をする事の判断に裁判所としての過失(実質的な現状では、故意と判断する)が有る判断でき、通常の裁判へと移行すれば良かったが、それを行わなかった。
補足
 また今回の件に付いては、裁判員側から民事にて慰謝料の請求等が行われても、おかしくない状況にあって、裁判所(福岡地裁小倉支部)は、重いとも判断する。

(ニ)
 よって、最高裁判所(人事局 調査課)まず、福岡地裁小倉支部にて、(あ)事件の起用を判断した裁判官と、関係者から事情を確認しつつ、(い)他の裁判体でも報道沙汰に成ってない(隠蔽されている)だけかとも想えるので、そうおうな調査を行い、(う)事件の選定に誤りが無かったのかを確認されたい。

留意
 精神病質者的な人格を有する者であれば、平然と本件のよう事件を生じさせる事も解っている。
事例
 警視庁、神奈川県警の各警備部でも、「予めに集団行動の許可を行わなければ、騒乱が生じなかったであろう事柄に対して、その許可を行いつつ、予めに騒乱が予測されているからこそ、機動隊等を配備して紛争の鎮火に人員を配備しているとの状況は、異常(人道的な観点を逸脱しており、憲法・第十二条にも反する)であり、挙句の果てに、その集団行動を阻止する為の集団が、無許で形成されても、それを排除できず、取締りすら行えない状態も、警察の能力が無いと判断できるが、それを故意で行っているとも判断できる。更に、そうした状況を海外の報道機関や一般人による動画の投稿によって、世界中にと国旗を掲げた日本人(面した)愛国者を装っている輩達が、在日外国人に対して排他的活動を行っている』と公開されている事実からも、警察側の判断が悪い(集団的行進による近隣住民への被害に留まらず、国際的にも日本国に対して不利益を生じさせている状態)と判断できる。よって、その対処として既に警視庁、神奈川県警の警備部 部長を簡易的に告発を行っている」が、そのような事が司法の分野では、よく生じているので、本件の事件を基に、相応なる最高裁判所 事務総局 人事局 調査課にて、相応の調査を行い、裁判員に被害が及ばない体制を維持する事に努められたく、(人格的に)問題の有る裁判所の人員(裁判官を含む)は、排除をされたい

経過的な観察

平成28(皇紀 2676;2016)年07月14日 現在

 平成28(皇紀 2676;2016)年07月13日に、通常の裁判へ移行される事が、報道された。

令和元(皇紀 2679;2019)年08月26日 現在

 海外でも、行われている、古典的な手段

 現在の本邦では、「声を、かける」と、言う程度に、留まっているが、海外(特に、途上国の文化:治安が、悪く、文化的な水準が、低い、地域)だと、暗殺を、含む、殺傷の事件に、至る事も、有る。

 また、それらの事情は、今時代だと、GAME を、介する形式で、紹介されている。

補足
 本邦(神奈川県)では、本商品における系列で、過去の『 Grand Theft Auto III 』(Wikipedia)が、有害図書に、認定されている。
留意
 『 Grand Theft Auto V 』は、18歳未満への販売が、規制されているが、小、中学生、高校生と、想われる人による参加( YouTube 等で、公開されている)も、問題視されている。
GTA V(Wikipedia

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-26 (月) 12:40:09 (107d)