敵対 共産党

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-06-20 (月) 00:32:03
  • 段階、参照:

趣旨

 本邦には、公務員制度が有るので、それ以上に共産主義を必要としない。

 また、自称が共産主義であり、実質的には、共闘的集団に変わりなく、暴徒化する危険も有り、他者と公然と敵対する傾向もあって、集団行動から一般人の生活を脅かす事もある。

 更に、立川市管内では、Freemason や Christ 教も支援しているような状態を不思議に想っていたが、吉良義央と浅野長矩の関係(松之廊下刃傷事件)と同じで、あえて、どちらが、どっちと言うまでも無い状態に有る。

補足

 日本国憲法に照らせば、過剰にと共産主義を必要としておらず、教員等、公務員に潜り込み、迷惑を生じさせるなどの工作的活動も発生する事が問題視され、生徒や一般者からも嫌がられている傾向に有る。

追記

 『(甲)天皇制の反対、(乙)憲法の改定(憲法の一部だけ護る事を主張して同胞者を集めていたが、他の条文を護る事までもを主張してない)』など、非日本国民的な思想の基で成り立っているとも判断している。

 共産党の他にも、同類の思想を基に展開している在日外国人などが居るのかと疑え、帰化した等が参加している可能性もある。

  • 平成28年06月21日

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:33 (536d)