国際 違憲的な台湾系在日外国人

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-06-20 (月) 01:35:24
  • 段階、参照:

趣旨

 もともと中華系在日外国人として、日本人面しているだけでなく、思想が中共国(中華人民共和国)と異なっており、挙句の果てに主に Christ(キリスト;背景に Judea)教を中心に展開しており、中華国の文明を引き継いでいるも想えない。

 ちなみに僕が短大生(埼玉大学 経済短期大学部)の時には、台湾系の留学生も居たので、然程に台湾系在日外国人に対して違和感が無かったけど、八王子市や立川市、広くは、多摩地域で生活をするに居たり、観察した結果、主原因の前衛として Christ教が有り、その背景に Freemason が関与していると判断するに至っている。

 また、宗教を隠れ蓑に、本邦での生活を優位にする為の手段として宗教に加担していると判断でき、本邦で高い地位を得ても、母国でも対等な地位が認められると限らず、結果的に本邦での生活を優位にする為だけの手段として、Christ教など宗教団体に加担していると判断するに至っており、宗教団体側でも、日本人面した(本邦の民を、牧民化、僕民化する為の)工作員を確保できるので、好都合と成っているらしい。

 更に、本件において脅威と成るのは、違憲的な台湾系在日外国人であって、日本国の憲法や法律、何だかの規律に反さない場合は、特に排除の対象と成らないが、どんなに社会的な地位が高くても、排除の対象に成る事が有る。

類似する課題

  1. 国 違憲的な大韓民国系在日外国人 - 日誌/進捗/平成28年度/129

対策

一般(人でも行えるよう)な排除の手段

 色々な方法が有るのかと想われるが、違憲、不法な行為、非人道的な手段を用いず、国際的な観点からも合理的な手段のみを検討する。

 なお敵側からの違憲、不法な行為、非人道的な手段での攻撃には、正当防衛で迎撃する。

  • 追記
    • 平成28年06月23日

国外いへの退去を請求

 相応の理由を確保しつつ、それを法務省側に証拠(理由)として提出して、標的に対して国外への退去請求を行う。

法律的な行為として有効にする為に
 請願の方式で展開する。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:33 (724d)