敵対 各新聞

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-06-20 (月) 07:43:30
  • 段階、参照:

趣旨

 各種の新聞社で、指定暴力団など犯罪組織を挑発する記事内容が記載されたり、他に不実を公開して、行政機関と民の信頼的関係を破綻させる事が行われていると判断している。

 既に、各行政機関には、不実の公表が行われた場合には、それを改めるように行政指導を行うよう求めているが、国家機関を含む公務側が無能で、「報道者側から、報道の自由を主張される」と吐露される事が多い。

本邦における自由
 本邦において自由とは、日本国憲法・第十二条に規制されるが、それを公務員が理解してない。つまり、勝手と自由は、異なり、自由の濫用を規制されているが、公務員側が無能なので、勝手な主張を聞き入れる傾向に有る。そもそも勝手を自由と主張する精神病質者側に主原因が生じているが、それに対して適切に応対を行えない公務能力の方が問題視される。

(鑑査、及び正当防衛的活動*1)対象の企業

 大型の新聞社では、基本的に各部門などで編集(の決定権を有する)長が居るので、部署単位に区分けを行う。

 また正当防衛手段としては、『(甲)行政的指導、(乙)公益社団法人 日本広告審査機構(略称、JARO)へと告発、(丙)該当社への苦情の申し立て』の三種と成り、それ以上の追求を行わない。

産経新聞

不実な(過大、誤解を生じさせるような)情報

  1. 国 使い道のない Plutonium  - 日誌/進捗/平成28年度/83

精密な裁判情報

 この新聞社に限り、刑事裁判の内容が精密に公開されている。

 過去には、最高裁判所に注意を行っているが、改まりが無い。

朝日新聞

 指定暴力団の活動を悪い意味で刺激(活性化)する報道が行われる事がある。

他 単発での対処

除外

 何だかの理由で、対象と成らない新聞社

毎日新聞

 聖教新聞や創価学会を育てた新聞社として認識しており、何だかの情報を得る事が無い(新聞社としての存在を否定している)ので対象と成らない。

補足
 記事の内容を確認しておらず( Internet 上から他の情報的運営を経由して間違って見てしまう(途中まで読んでしまう)事が有るが、毎日新聞社の記事で有る事が解ると、その時点で険悪感を感じ、生理的に受け付けない。)、一切に見てない、及び見ない。

読売新聞

 聖教新聞や創価学会を育てた新聞社として認識しており、何だかの情報を得る事が無い(新聞社としての存在を否定している)ので対象と成らない。

補足
 短大生時代には、寮に入って配達員としても働いていたが、寮における衛生面の管理が悪く、風呂、便所の掃除を自らが率先して対処を行っていた。
寮での衛生管理
 もともと順番で当番敵に掃除されていたらしいが、徐々に倫理性が低下したらしく、僕が入居していた時には、誰も清掃を行っていなかったので、自らが改めて行い始め、それを周知的にと展開している。
学生時代では、情報源
 学生時代には、職場に新聞が大量に有ったので情報源と成っていたが、現在だと基本的に情報源としてしてない。

関する、法規

日本国憲法

昭和二十一年十一月三日憲法

第十二条

 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。


*1 違憲や不法、非人道的な攻撃を行わず、高い文化感(倫理性)の基で、合法な対処を行う

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:34 (542d)