自衛 平成28年度、敵対の公言を行った後における反応を調査

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-07-02 (土) 13:08:50
  • 段階、参照:

趣旨

 敵対の宣言を行った後に、どのような攻撃を受けるのか確認を行った。

 実は、立川市に在住する以前から不定期に調査を行っていたが、立川市管内では、敵意を表した人に、精神的な苦痛、障害を生じさせたり(傷害罪)、器物の損壊(器物破損罪)、不法な侵入など、刑事の事件に該当する行為を行う事が、世間一般でも言われており、それに該当する政治、宗教、国籍の分類が、異常に多いので、区分けして調査を行っている。

 また、立川市管内の特徴として、「(甲)病院の医師(歯科医を含む)、(乙)警察官も関与している」と判断するに至っているが、以前から『(丙)立川市民大学の役員を含む関係者』によって生じる事も確認しているが、現状における僕の生活状況では、関与が無いので、今回の調査における対象に成ってない。

 それと別枠で、この Webserver への攻撃に付いても調査を行っており、相応の機関へと報告する対象に成っている。

 なお、別件での調査時に、立川中央病院の医師も関与していると判断していたが、近年に接点が無く、被害も確認できないので、今回の調査対象に成ってない。

調査を行う理由

 立川市管内における(甲)自殺者、(乙)孤立死、(丙)精神的に異常の見られる人々

精神の異常における解釈
 先天性や事故的などの外傷的でなく、「外部からの抑圧によって精神を害されている」であろう人達で、『不思議と立川市管内だと特徴が見られる』ので見分けが行い易いが、その見分け方に付いては、倫理上の観点から公開を行わない。
被害者の範囲
 一般人に限らず、公務員にも見られ、当人が「(あ)気が付いてない、(い)解っているが、どうにも成らない」との二種に分かれる事は、把握している。
被害の緩和
 基本的に立川市の民と交流を行わない事も宣言しているので、調査の関係で接点の有る人に限って、「一般の民間企業で行われている誘導の方法を用いて、憲法や法律に基づいた観点で物事を考えつつ、心身の健康や、その維持を自衛的に(他人にと過剰に頼らず)行う」ことへ誘導を行っている。
被害者に対する救済の活動は、行わない
 自治性の観点から保安の管理に付いて、自治体、及び警察が地域的管理をする事に成り、その自治体を管理する責任は、等しく所属する住民に有ると判断できるのだから、住民の個々が負う責任(不法な攻撃、迎撃を行わない理性感、敵からの攻撃を防御する自衛的能力)を過剰に擁護する理由も無い。
正当防衛の観点
 だからと言って被害者を見捨てる行為も、人道的に反するので正当防衛の対応(処置)を間接的に行い、告発をする事も有る。

指定暴力団に対する観察

 前出の攻撃に付いて、それを受けた場合、人間不信に成るのが当然で、その手段を不法(主に刑法)に用いる犯罪組織や指定暴力団が有る事も昔から把握しており、幾つか種類の攻撃も受けつつ、それに応戦した事が有る。

 立川市管内では、もともと暴力団構成員と言う部分で、在日外国人、地元(広くは、多摩地域)の住民であるのかと事前に判断しており、その背景に政治団体、自民党、公明党などの人員が居る事は、八王子市での体験から事前に予測が付いていたが、観察の結果では、特に問題性を感じられない。

でも、転居してきたばかりの頃には、
 色々な問題を確認しつつ、早期に防衛の対策を検討しつつ、指定暴力団を排除するのでわなく、「合法な活動で利益を得てもらう事への誘導(指導)」を、行政機関(自治体や警察庁、警視庁)が管理するが、その行政機関を管理するのは、民の個々に等しく責任が課せられており、相応の評価(鑑査)を行う責任も課せられていると判断している。
行政に対する鑑査の活動
 僕が行っている行政に対する鑑査の活動は、「国民の個々に課せられている責任の範疇(憲法の前文における範疇)であり、それ以下と成る人達は、国民としての責任を果たしてない事にも値する」ので、相応の被害を受けても当然だとも思える。
ことろが
 政治や思想、宗教団体などは、憲法の理念を除去してしまい、その部分に自らの思想を植え付けて、奴隷(僕民、牧民)化する傾向が有る。(違憲な集団:国家側では、それらを何故か宗教、及び政治団体として認めている:それによって生じる経済現象が西洋の思想に有利となる事から、Freemason や Christ教の戦略性を疑うにも至る)

途中の経過

 個人的な部分、組織的な部分など色々な事が判ったが、それらに加担する心理(倫理観の低さ)が不明で、特に宗教団体や思想の団体に所属しておきながら、憲法や法律に照らすと、刑事的な部分を含め、平然と違憲や違法な行為を行える日本国の民と言う観点での人間性に付いて、異常性(精神病質性:非国民性)が高い。

 在日外国人による問題かとも想っていたが、まず全宗教における倫理観が低く、思想(共産主義など)の分野においても等しく倫理観が低い状態にあり、更に医者や学者が含まれ、呆れる程である。

 宗教の信者では、指導者が悪魔や悪党、敵を指名する事で、信者が従う傾向にあり、思想の集団でも等しい現象が生じるが、在日外国人の場合には、宗教と別に、同国(愛国)主義者による活動も展開しているらしく、宗教を隠れ蓑に展開している事も判っており二重の組織形態に成っているのかと想われるが、国家的に特に問題視を行なって無い。

危険
 本節に付いては、意外に深刻で、既に海外でも、Christ 教や仏教を媒体に、移民先において優位に立とうとする異国民が居て、人類の歴史から見ても各国で経済的な負担(倫理の低下を含む)と成っている事が多い。
僕の観点で言う精神病質
 理性の観点であり、その基準を何処に置くが重要視される。本邦の民においては、憲法、並びに法律、条令などが基準であり、それを逸脱する宗教や思想は、本邦で言う憲法の第十二条で定められた自由に該当をしてない。つまり違憲に該当する事を解りながらも実行を行なう団体、及び個人は、例え神道、並びに皇室であっても許されない。

 また皇室に関与している各宗教や、何だかの団体が、過信している状態も問題視され、Gang(ギャング)団による競合的相手との利害的関係における争いと然程に変わらず、大きな組織に所属している方が有利と言うだけの事だが、「一般の国民に付いては、それらに関与しない傾向が有りつつも、自然的に倫理観も高い」と判断するに至っている。

 よって、然程に宗教や異国の民に対して、極普通的に意識してない人の方が倫理観が高く、宗教や何だかの思想を中心に集う集団(指定暴力団を含む)の方が倫理観が低い状態にあり、何だかの不法行為を行っても隠蔽を行える事を権力の象徴とする傾向に有る状態には、呆れるに至る。

動向

ATM の利用における覗き込み事件

 ATM を利用していると、後方から故意に覗き込んでくる輩が居る。また、それが特定者でわない。

留意
 この事案に付いては、敵対の宣言を行なう前から生じていた。

買い物時における精神的な危害

 買い物を行なっている時に生じる妨害で、僕が会計に行くと故意に、後ろに連なる傾向が有る。また、故意に、並ぶ位置を外れ、目立つように待っている輩もおり、時に強盗かと疑うに異たる程の事も有る。

 何度か注意を行なっているが、毎回に別人が同じ行為を繰り返す傾向に有り、後に脅迫事件が発生している。

留意
 Jehova の証人を称する人員によって行なわれる「繰り返される迷惑な訪問(後に、精神的な被害を与える為の訪問とも判断:それらにおける倫理性の低さに唖然)」と類似する。今にして想えば、その行為を行ったのが日本人だったのかも問われ、在日外国人、及び二世、三世であった可能性も有るのかと疑うに至る。

病院、医師による精神的な攻撃

 基本的に精神的な攻撃で被害を受ければ、傷害罪に該当するが、その倫理観に欠けている医者が(立川市役所の管内に)多いのかと想われる。

 立川市役所の管内には、共産主義系と地域で称されている大型の病院や、Christ 教系など西洋の思想に基づく病院が多いと、判断をするに至っている。

 それらにおいても公然と行なわれる精神を害する行為に付いて、色々と想っていたが、皇室でも生じている可能性が有った事を想い出しつつ、どのような方法で展開しているのか等の事情を、ある程度で解った。

 もともと、精神的な攻撃に対して、一般的に市販の書籍で学べるような部分や、医学的な観点での知識に基づくような、工作が多かった事に疑問を抱いており、市役所が主催をする健康推進に関連する催しに参加した時に、医師による精神的な工作に付いての関与を確認しつつ、次いで共産系の病院でも確認している。

中共国の言葉
 『上医医国、中医医人、下医医病』が有り、上等な医者は、国をも治す。中等な医者は、人を治す事が行なえるが、下等な医者は、病気しか治せない」と言う意味である。つまり、「立川市役所の管内においては、下等な医者が殆どで、上等な医者が居ない」と判断できる。また、英語では、医者を Doctor と言うように想っている本邦の国民も多いが、博士や博士号を有する者を意味するのであって、常に研究が必要とされる職種で有る事も解るが、当の医者が理解しているのかは、不明。
補足:医者の資格を分散化
 以前から国に対して、医師の資格を自動車免許と等しく、『分割、階級的』に変更するように求めている。これは、診療医、手術、末期医療など、各種を分散して、資格の習得を行ない易くする制度で、医者の数を確保するにも有効と成る。
追記:司法資格も等しく分散化
 実は、司法の資格に付いても、医師の資格と等しく『分散、階級化』する事を国家に求めている。変わりに、行政書士、司法書士に付いては、併合を検討してもらう考えが有る。つまり、弁護士、検察官、裁判官は、全て同じ資格であり、医者も同じような展開に成っている。挙句の果てに、弁護士会、医師会が存在しており、その制度を仕切りつつ、「会員にとって、二次的な税金に等しい会費」を支払わせ、各種の会が合法的に資金を回収しつつ、特定と成る思想の為にと資金が流用されている可能性も有る。それらは、指定暴力団の上納金と資金洗浄などの制度にも似ているが、むしろ犯罪組織が見習って悪用しているのかと想える程である。

地域の住民による意見

昔に比べれば、改善されている

 状況的には、八王子市役所の事情と同じらしく、時代と共に徐々に倫理観が増しているらしいが、他県や他地域で生活をしていた僕にとって現状の立川市役所の地域的管轄下における宗教団体や、何だかの思想の団体が数多く有りながら、倫理性の低さに絶望しており、八王子市に在住中は、市長に協力を得て、色々と展開したが、立川市役所の場合には、「合法な稼ぎの100万円と、不法行為で得た100万円の価値は、等しい」と言う意識が強いと判断しており、更に「仮に、不法行為で100万円を得ても、罰せられなければ合法に等しく(非経済*1な観点からすれば、合理的だけども、現実的には、極普通に生じている状態)、神仏、精霊による加護、または、何だかの思想的な観点から合理的だから罰せられない」と想わせている状況(教祖などが教え込んでいる)も生じているのかと判断するに至っている。

 つまり、立川市役所の自治性における倫理性の欠如は、先の非経済的な感覚(倫理観の飽和)と、それを維持する社会(結束)性に有ると判断するにも至っている。

調査の対象(関連の課題を兼ねる)

  1. 敵対 新聞各社 - 日誌/進捗/平成28年度/132
  2. 敵対 他人の精神を害する攻撃者 - 日誌/進捗/平成28年度/131
  3. 敵対 事故や錯誤を誘発する工作 - 日誌/進捗/平成28年度/130
  4. 敵対 (似非)民主主義 - 日誌/進捗/平成28年度/126
  5. 敵対 不良な探偵業者 - 日誌/進捗/平成28年度/125
  6. 敵対 共産党 - 日誌/進捗/平成28年度/123
  7. 敵対 立川市管内の全仏教 - 日誌/進捗/平成28年度/122
  8. 敵対 立川市管内の全Christ(キリスト)教、及び Freemason(フリーメイソン) - 日誌/進捗/平成28年度/121

*1 非経世済民:経世済民と類似するが、共存的な観点に欠け、主権者の独裁で成り立つ社会

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:34 (545d)