立川市役所 被生活保護者の自殺数

趣旨

 『立川市役所 平成27年度・被生活保護者の事情 - 日誌/進捗/平成28年度/108』で確認を行ったが、それを不当に隠蔽する試みが生じている可能性が有るので、再調査を行う。

別件
 『被生活保護者の失踪、精神を害する活動』等に付いても職員が関与を行っている可能性が有ると判断、当初から鑑査を行っていたが、公務員側に改まる気配が無いので、正当防衛体制に切り替え、順次に告発を行う。
事情
 広くは、警察官(地域課、刑事組織犯罪対策課、警備課など)も関与を行っている可能性が有ると、だいぶ前から判断するにも至っており、揺さぶったところ、反応(反撃)が有ったので暫定(関与の想定)を踏まえ、正当防衛体制(不良公務員の排除における準備)を整えているが、立川警察署に限らず、多摩地域全域の警察署が関与を行っている可能性も有ると判断するにも至っている。

関する、課題

対処

補正

 後に、別件で問い合わせを行った時の序に、情報の欠落に付いて指摘を行い、後日に補正(不足分が追加)された情報を提供された。

結果

平成26年度平成27年度
五名二名

 年齢、理由などは、不明。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:34 (542d)