警視庁 広報課における外線からの電話に対する自動の音声

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-07-05 (火) 16:28:39
  • 段階、参照:

趣旨

 だいぶ前から、広報課に対する外線の電話を『(甲)自動の音声化と、(丙)それによて Website上からでも御意見、御要望が行える事を案内を行いつつ、(乙)対話の内容を録音する』との業務的体制を整えるよう求めていたが、実現している事を確認した。

 それでも、若干に改めて修正する部分が有るのかと想えるので、要望を行った。

関する、課題

要望

警視庁 総務部 広報課 広聴係

 貴重な御意見を有難う御座います。

  • 平成28(皇紀 2676;2016)年07月05日

概要

(一)
 現状では、通話を待っている時の音が、一般的な信号音と成るので、それを一般でも多く使われている音楽へと変更をされたい。

理由(本節は、伝えてない)
 待たされている時の不快感を軽減させる。

(ニ)
 また、約一分ごとに自動の音声によって、「 Website からも、ご意見、御要望が行える」事を繰り返しに伝えるよう検討をされたい。

理由
 過剰にと待たせている場合には、Website からの、ご意見、御要望を再検討してもらい、待機している人の損失を軽減する目的が有る。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-08 (日) 14:34:56 (86d)