最高裁判所 産経新聞の記事

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-07-05 (火) 23:14:57
  • 段階、参照:

趣旨

 よく刑事の公判における内容が記事と成り、「法廷内での詳細を書き起こしたかの如くに、事細かく記載されている事があって、傍聴と言う制度の意味合いが損なわれる」と想われる。

 よって、裁判所から行政的指導を行うように求める。

要望

最高裁判所

 御意見、ご要望として承りました。

概要

 よく産経新聞社が、Internet 上における記事で、公判の内容を過度と想えるほど詳細に表現している事が有り、傍聴と言う制度の意味合いが薄れるのかと想える。

 よって、過度に詳細な内容を記す事を避けるようにと、行政的な指導を検討されたい。

 なお、本件における要望は、数回目である。

  • 平成28年06月30日

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:35 (543d)