法務省 刑務所を出所する条件に、義務教育程度の能力試験を実施

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-07-10 (日) 16:29:07
  • 段階、参照:

趣旨

 近年では、高学歴や能力者でも、精神病質的な観点から、犯罪に着手する輩が、居るのも現状。

 また、「再犯の場合では、義務教育過程を、卒業する学力が、無い者に、多い」とも、判断。

 特に、在日外国人による犯罪も、増えており、それを、懸念する観点からも、「何かだの理由で、刑罰を、受ける事に、成った者(外国人を、含む)は、『義務教育程度の知識が、有るのか』の確認(試験)を、裁判による判断で、行ない、『欠乏が、有る』(試験の結果、学力が、無い:本邦における義務教育程度の学力が、無い)のであれば、それを、「国家の立場から、補う対策(義務)を、必要とする」(憲法 第二十六条:外国人の場合は、国際人権章典を、基礎とする観点)と、判断。

補足
 『(A)本邦の義務教育過程を、経てない者、(B)訪日外国人旅行者』による、犯罪が、問題視されている。
外国人では、正当的防衛、及び緊急的避難の類推
 外国人の犯罪者を、扱う場合、『(a)国庫(国費)で、賄う事に、成るが、その観点を、緊急的避難の観点と、類推させ、(b)憲法に、定めのない外国人への教育は、正当的防衛を、類推させる観点』で、費用(国費)を、確保する。
本件の課題において、『緊急的避難の観点を、類推』とは、:(a)
 主に、刑法で、用いられる『緊急的避難』と、同じく、「外国人犯罪者の人権を、護るべく、最低の限度で、必要とされる費用は、国費で、賄う』(のは、一時的で、後に、国家は、相手国へ、損害賠償請求を、行う権利を、有する)と、想える。
本件の課題において、『正当的防衛を、類推させる』とは:(b)
 『(1)外国人犯罪者へ、本邦の義務教育過程で、習う、学力の試験を、強要する事、(2)試験の結果、及び、学力の習得を、満たせた事に、伴って、情状の対象とする事』は、「日本国 憲法 第二十六条には、規定の無い部分と、成る」が、日本国の民、その一人と言う立場から、正当的防衛に、伴う、『(1)、(2)』を、提案する事(憲法 第十二条、第十三条、第十四条)を、意味する。つまり、「過度な(a)は、国庫の負担であり、本課題における、『(ア)試験、(イ)教育(指導など)』を、含めずとも、日常において、外国人犯罪者を、『(ウ)逮捕、(エ)拘置、(オ)受刑させる事』は、生じており、相応の国庫(国費:税金)が、投入されている。その状態で、新たに『(1)、(2)』を、加える事は、「違憲的で、過保護」とも、想えるが、国際人権章典に、習えば、「再犯の防止には、相応な教育が、求められ、国際的に、協力的な体制(制度:対策)が、求められる」のだから、その費用(国庫、経費:損失的部分)を、「(国際的な観点での)正当的防衛と、動機付けを、図り、それへ、国費を、投入する事に、正当性を、有させる」との論理(及び、倫理)で、『対策の枠(経費)を、賄う事』を、意味する。

 また、「受刑者による、学習の意欲を、向上させる為、『刑期を、短縮する要件』にも、使える」のかと、想われる。

補足 本節における「受刑者による、学習の意欲を、向上させる為、『刑期を、短縮する要件』にも、使える」とは、
 例えば、「自動車運転免許において、交通違反により、免許の停止を、課せられた時に、講習会へ、参加する事で、停止の期間が、短縮される仕組み」に、類似する。

 よって、「(あ)刑事の裁判時において、被告に、学力の試験(中学校を、卒業する事が、可能な程度の試験)を、行う事を、義務化」を、求め、「(い)『(あ)の試験にて、学力が、無い』と、判断された場合、『(A)抑留中、(B)勾留中、(C)受刑中』に、学習を、行い、再試験で、合格する至った場合、『(A)、(B)の場合には、情状の要件』、『(C)の場合には、刑期を、短縮する評価の対象』とする事」を、求める。

 なお、「外国人を、対象とする、専用の学習(指導、教育)は、経世済民的な戦略の観点で、検討する必要が、有る」と、判断する。

関する、法規

日本国憲法(電子的政府

昭和二十一年憲法

前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

第十二条

 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

第十三条

 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

第十四条

 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

二項
 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
三項
 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

第二十五条

 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

二項
 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

第二十六条

 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。

二項
 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

国際人権章典


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-18 (木) 17:22:09 (473d)