立川市役所 財政の確認

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-07-11 (月) 10:09:32
  • 段階、参照:

趣旨

 立川市役所では、財政に付いてを広報誌を通して公開をしているので、その内容を確認する。

 また、広報紙に付いては、Website上からも確認が行えるので、既に広報紙で過去に確認をしているが、改めてWebsite上から確認を行った。

結語

 「市民1人当たりに換算すると、資産が176万2,000円、負債が23万8,000円。(人口179,040人 平成27年03月31日現在で計算されているらしい)」との事が解った。(七面、上の枠に居る『くるりん』の発言を参照)

 もともと都心部と居住地を中継する位置に在り商工都市型で、賭博場(競輪)も在り、娯楽性にも長けている(都心部から居住地へ帰宅する途中で、寄りたく成るような街の構造)に成っている。

 在日外国人も多いとされるが、憲法や法律に対しての忠実性が低く、それらの妨げの原因を追究したところ、意外にも「在日外国人の母国に対する意識よりも、宗教(外国における、本邦にとって違憲と成る国家的な思想を含む)や違憲な思想が原因と成っている」とも判断するに至っている。

 また、「立川市を標準として地方の市町村を発展させる」と言う僕の発想では、転居してきた当初には、総務省 自治大学(学校教育法・第一条に基づく大学では、無い)もあり、色々と検討をしていたが、市長を含めて非協力的なので断念をするに至っている。

関する、法規

学校教育法

最終改正:平成二七年六月二六日法律第五〇号

第一章 総則

第一条

 この法律で、学校とは、幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校とする。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:35 (539d)