民事 立川簡易裁判所による職権の乱用、及び侮辱など

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 留保、処理待
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-07-26 (火) 17:34:09
  • 段階、参照:

趣旨

 立川簡易裁判所では、「不適切な訴訟の手続きを行っている」と、利用者として判断するに至っており、それによって受けた損害の賠償請求を国に対して行う。

 なお今回は、裁判所との対話の記録(音声の記録)を残しているので、それを証拠とする。

補足

 実は、八王子地方裁判所の時代から、色々と不適切な訴訟が生じている(経世済民性の理念に欠ける)事を確認しており、それらに基づいて、「(一)裁判員制度の導入や、(ニ)法科大学院の設置を要請したり、(三)裁判所の耐震性や傍聴席の適切な改築」なども申し出ており、後に立川市へと移転している。

 もともと僕が立川市へ転居したのは、主に裁判所に対する鑑査が目的で、他の序として所属する自治体(市役所)や、他の機関に対しても、自治性の向上を前提に、『(甲)減災、(乙)防犯、(丙)健全性の維持』を基礎として、行政に対する鑑査の活動を継続するに至っている。

 ところが、裁判所の利用を妨害する者が現れたり、裁判所の職員が一般人による裁判所の利用を妨げる事が生じる事も、数年前から確認しており、それにおける改善の請求を行っても、指定暴力団などによる悪事の抑制と比較すると、公務員側の怠慢性に付いて、比較に成らない程に劣っている(改善されない)事も解っている。

 よって今回は、これまでの総合的決済と言うような感覚で、簡素に決着を付けつつ、東京都が何だかの理由で首都機能が麻痺した場合でも、別の都道府県で国家的な行政を維持する体制を整える事を検討するべく展開へと転化を行い、地方での生活も検討する。

 なお本件の裁判では、どのような結果が出ても一審のみで控訴を行わず、判決を下した裁判官に責任を負わせ、その全容も全て公開する手段(戦略)を展開する。

理由
 裁判所は、「予めに訴訟の当事者が、抗告を行うであろう事を想定、誘導する判決を下す事が有る」と判断しており、過去にも数多くの被害に合っている。
追記
 今回の提起では、一、二件など少数の事案でわなく、複数の事案に基づいて提起される。

関する、課題

  1. 自由な研究/訴訟
    1. 平成28年(少コ)第35号
      1. 民事 弁護士による違法な干渉 - 日誌/進捗/平成28年度/212
      2. 告発 弁護士による違法な干渉に伴い、司法資格の剥奪を請求 - 日誌/進捗/平成28年度/213
      3. 立川簡易裁判所 昼食中における業務終了の偽装 - 日誌/進捗/平成28年度/161
      4. 立川簡易裁判所 決定の理由における法的な明確性 - 日誌/進捗/平成28年度/171
      5. 最高裁判所 裁判官の休暇 - 日誌/進捗/平成28年度/204

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-12 (水) 20:21:28 (357d)