国 司法試験における再試験か研修の制度

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-08-11 (木) 17:47:45
  • 段階、参照:

趣旨

 法科大学院の制度が始まる以前に、司法資格を得た者の再試験、及び研修が必要だと想われる。

 その理由としては、「(甲)やはり若い世代での教育の方が高度であって、古い制度での感覚と比較に成らないと想えつつも、(乙)その古典的な世代が、最新の教育を受けた人材を外道(不経済な利益)に指揮する事が有るのかとも想え、それによる本邦の損失は、意外に大きい」とも判断している。

不経済な利益
 本節で言う不経済な利益とは、例えば不法行為で得た百万円と、正当な手段で得た百万円の価値は、論理的に等しくないはずだが、現状において等しい事が生じる為に争いが絶えない。
僕の経済学
 僕の観点では、不法な行為で得た利益は、負。憲法や法律に基づいて得られた利益は、正と判断している。つまり、正当な方法で得た百万円は、+百万円。不法、違法な行為で得た利益は、-百万円と区別しており、その-百万円を正にする為の掛け算(負×負=正に化ける)との概念を理解する事が重要視されるが、結果的に裁判所が、違憲、違法、不法な行為に対して利益を付与する事も多い。それらに付いて国民の個々もを国家を相手に法廷で争う事も求められるが、主原因が裁判所の判断に有るのだから、その源悪を用いて勝とうとする方が誤りである事も判る。そこで、法科大学院の設置を要請して、人材の基礎から改善する事を思案しているが、それ以前に司法資格を得ている者達の処分が問題視される。

補足

 もともと司法試験においては、情報処理試験と等しく、「細分化を行いつつ、専門性を高める」との観点が必要だと想われる。

関する、課題

  1. 国 司法の資格を細分化 - 日誌/進捗/平成28年度/211
  2. 国 法科大学院を経てない裁判官への再教育 - 日誌/進捗/平成28年度/202 

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:37 (543d)