国 皇室の人員において、Christ教を信仰する者の排他

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-09-05 (月) 20:03:16
  • 段階、参照:

趣旨

 本邦における現行の王室の制度は、本邦の文化的な神道の神官を務める事も有るので、、それに基づき王室が維持されていると判断できる。

 それに伴い、皇室内において異教徒と成る信仰が有るのであれば、本邦が国家として、その王室の人員に対して過剰に養護をする理由が無いとも想えるので、その排他(王室から離脱して、自立的に本邦の民として生活を行ってもらう)を国家に推奨する。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:38 (541d)