裁判所 口頭弁論を要する裁判では、全て合議化

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-09-25 (日) 17:30:41
  • 段階、参照:

趣旨

 過去に、副裁判官と言う補佐的な地位を作り、裁判官が単身で扱い事件でも、合議的に処理を行う事が可能な体制を構築するようにと、国家に対して行った事が有る。

 今回は、補佐と言う観点と異なり、裁判官の安全的配慮(過剰に負わされる責任の分散など:精神的な衛生の保持を含む)の考慮を行いつつ、業務の効率化を図る。

 また「単身の裁判官や、合議であっても、裁判部の部長が越権するような環境では、不条理な判決が出やす事も解っており、且つ法的な倫理観も低く、精神病質者なども居るのであろうとの疑念も含めて、色々な問題を生じさせている」とも想えるので、その抑制も兼ねる。

事前の確認

 副裁判官(裁判官補佐、補佐裁判官など)的な役職が有るのかを確認する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:38 (768d)