最高裁判所 傍聴を目的とした各事件の確認

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 留保、処理待
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-09-27 (火) 12:51:07
  • 段階、参照:

趣旨

 「嘗て、通常の裁判(裁判員裁判を、除く)では、一週間先迄の(開廷)予定が、公開されて、いた」が、現在だと、傍聴を、行う、為に、開廷の確認を、行えるのが、「当日に、扱われる、事件だけ」と、限られて、いる。

 その理由は、「個人情報(企業の情報を、含む、事件当時者の名前が、表示される、等)が、関係する」との事だが、傍聴を、行う者には、不利に、成る。

 よって、業務の改善を、求める。

事前の調査

東京地方裁判所 立川支部 - 平成28(皇紀 2676;2016)年09月27日

概要

 代入法。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-29 (月) 13:05:48 (155d)