国 農業の人工知能機械化

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-09-29 (木) 01:17:11
  • 段階、参照:

趣旨

 本邦の農業は、高齢化や気象の変動、及び農業者の減少など、第一産業における生産率が低下している。

 そこで、既に海外でも導入されている、人工知能機械を使って、労働者不足を補う事を、国家の政策として展開する事を促進する。

 また、同時に砂漠でも人工知能機械により、野菜を育てられる技能を、文化的に有している判断しており、それに伴い、鳥取砂丘などでの実験、及び中東や阿弗利加(アフリカ)地域における砂漠地帯で人工知能機械の農業が期待され、それらを経て、地球外の惑星でも、農業を展開する事が期待される。

 既に、農業の工場が展開されているが、それ程の規模と成っておらず、相応に研究の経費が必要とされている分野でも有るので、やはり国家的規模での取り組みが求められる。

参考


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-31 (土) 15:48:41 (281d)