国 皇室(皇居内)で、野営を年に一回、行う事を推奨

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-10-09 (日) 10:22:08
  • 段階、参照:

趣旨

 皇室にて、「大規模な震災が生じた時に、一般の民における生活において、何が必要に成るのか」を把握してもらう。

 また、野外での活動も、自然との触れ合いと言う観点で重要視され、都心部にて働いている人達に、野営に関する興味を抱いてもらうにも都合が良く、行楽心を促進する事にも成る。

 よって、皇室(皇居内)において、野営を年に一回程度、行う事で、民が野営に関心を抱きつつ、大規模な震災が生じた場合でも、それに耐えうる知識を得てもらう事(の象徴)を促進されるよう求める。

 なお、『(あ)行楽的な観点を通して、(い)防災の能力を得る事も重要だ』と判断している。

日本国 憲法 前文 第二段落
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫(圧力を行う事)と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

関する、課題

世間的な、傾向の観察

YouTube

 近年、「 本邦の民は、野営に関する知識が、無い 」と、想っていた(それにより、大規模な災害の発生時に、恐怖、未来への絶望する事が、懸念される)。

 ところが、YouTube を、確認する限り、『女性が、単身で、野営を、行う動画』が、年々に、増えている傾向に、有る事を、確認。

 それに、触発されるように、色々と、老若男女の拘りも、無く、行楽の感覚で、広まっている。

令和元(皇紀 2679;2019)年11月22日 現在

 皇室における、秋の行楽における、野外での生活(食事など)、野営(宿泊)は、不明。

世間の一般
 野営を、含む、女性の一人旅も、大流行。
補足
 「定番の行楽と、成りつつ、防災への備えにも、繋がれば、好い」とは、想われる。

平成29(皇紀 2677;2017)年09月07日 現在

+  YouTube 女性の単身
子供への教育 - 広陵町役場物資の調達

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-23 (土) 14:30:50 (375d)