国 梅毒の検査を義務化

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-10-14 (金) 21:48:04
  • 段階、参照:

趣旨

 本邦において、梅毒の感染率が高まっており、深刻な問題と成っている。

 そこで、以前に行った『肝炎 Virus の検査における促進』と同じ方法を用いて、健康診断の時などに、手軽に検査を受けられる体制を整えるようにと、国家に求める。

 また、20歳から60歳ぐらい迄は、定期的に検査を受けるよう、他の性病などを含めて、義務化する事も検討するように求める。

 よって、『各健康診断において、標準の検査』を設置する事を、国家に求める。

 なお、既に保健所において、性感染症検査が無料で行われている事は、一時期に周知されたが、改めて宣伝を行う必要が有るのかとも想える。

傾向の観察

世情

平成30(皇紀 2678;2018)年06月27日 現在

 相変わらずに、増えている事が、指摘されている。

 主に、問題視されるのは、『(甲)外国人(性風俗)労働者、(乙)それを利用する男性、(丙)若い世代での乱交』等と、成っており、特に(丙)が、世間的にも、懸念されている。

立川市役所

令和元(皇紀 2679;2019)年07月10日 現在

 40歳以上で、更に、他の条件に、合致する場合、『 B、C 型の肝炎 Virus 検査』を、受けるように、促す、文面が、記載されている事を、確認。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-10 (水) 10:53:19 (564d)