民事 不法な行為の教唆

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-10-23 (日) 13:05:28
  • 段階、参照:

趣旨

 事件の発生に基づき、民事訴訟の提起を検討する。

  • 参照
    • JARL Contestに於ける RS(S) の報告 - 日誌/進捗/平成28年度/260
      • 教唆の未遂 - 相手に犯行の教唆を行ったが、相手が犯罪の実行に着手しない場合。

関する、法規

刑法

最終改正:平成二八年六月三日法律第五四号

第六十一条(教唆)

 人を教唆して犯罪を実行させた者には、正犯の刑を科する。

二項
 教唆者を教唆した者についても、前項と同様とする。

第六十四条(教唆及び幇助の処罰の制限)

 拘留又は科料のみに処すべき罪の教唆者及び従犯は、特別の規定がなければ、罰しない。

第二百二十三条(強要)

 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。

二項
 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
三項
 前二項の罪の未遂は、罰する。

第二百三十条(名誉毀損)

 第二百三十条  公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

二項
 死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:39 (539d)