国 外国人の入国に付いて、規制を要請

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/監査
  • 投稿日: 2016-10-31 (月) 20:14:43
  • 段階、参照:

趣旨

前提
 本課題では、主(基礎)に、不法な滞在が、対象と、成る。

 『(A)技能実習制度、(B)就労での入国、(C)留学』、等から、『(a)違法な就労、(b)失踪』、等に、着手を、行う、外国人が、増えて、いる。

 また、(a)では、『外国人に、就労の斡旋(あっせん)を、行って、いる、事件』も、生じて、いる。

 更に、(b)でも、『支援者が、居る、事』(査証の偽造、匿う、等)が、懸念されて、いる。

 よって、『(弌)過剰に、入国の許可を、行う、理由が、無く、(弐)受け入れ側(就労先:雇用先)の責任も、有る』のだから、「(あ)過去の事件例に、基いて、国ごとに、異なる、規制の設置を、行い、(い)過去に、生じた、類似の事件に、抑止力の有る、対策が、求められる」と、判断するに、至るが、故に、相応の要請、等を、行う。

 なお、「一般の国民に、特定国、及び、その民に、嫌悪感、等を、抱かせる、目的(思想、宗教、政治:似非民主主義者の工作、等)が、原因で、生じて、いる、可能性を、疑う」にも、至って、いる。

「一般の国民に、特定国、及び、その民に、嫌悪感、等を、抱かせる、目的(思想、宗教、政治:似非民主主義者の工作、等)が、原因で、生じて、いる、可能性を、疑う」、理由
 「一般的な倫理観から、想えば、『前出の(A)、(B)が、異常に、多く、生じて、いる、場合、入国の規制を、行う』と、言う、観点に、至る」のが、極普通の倫理観と、成るが、それを、「政府側で、行って、無い」との状況は、不自然と、成る。
補足
 「入国の許可を、行った、責任」は、明らかに、政府(法務省 出入国在留管理庁、及び、国会)側に、有る。
留意
 僕が、知る、限り、『(弌)外国人を、受け入れ、後に、犯罪、等へ、着手を、行うように、誘導を、行う、手口』は、『(弐)西洋系、等の先進国でも、昔から、公然と、行われて、いる』との認識が、有り、「英国、米国、等では、近隣国からの移民、並びに、不法な入国者が、陥って、いる、状況に、ある、事が、解って、いる」が、亜細亜(当然に、本邦を、含む)の地域でも、同等に、生じて、いる。
思想に、伴う、悪用
 本邦の文化では、「人の、振り、見て、我が、振り、直せ」との諺も、有るが、「他人に、軽蔑心を、抱かせ(違憲:憲法 前文 第二段落目の趣旨に、反する)つつ、それを、基に、優越感をも、抱かせ、日常の生活に、幸福感を、与える」との状況は、卑劣に、想える。
 手口の公式は、「◯◯を、受け入れた(行った)、後に、『△△の心境を、抱くで、あろう、事』の期待(及び、相応の環境)が、有る、事が、前提で、受け入れて、いる」との工作に、成るが、その期待(効果)が、無く、目論見を、図った、者に、損失が、生じる、危険性が、有れば、「該当の公式における、手順を、止める」(何だかの理由を、付けて、規制を、行う)との展開が、多く、見られる。
帰化人、及び、その子孫(と、本邦の貴族系おぼっちゃま、おじょうちゃま)には、解り、難い、観点(編集中)
 本邦の民は、戦後の時期に、路頭で、迷う、家庭は、多く、有って、母親が、子供の手を、引きながら、歩く、道脇で、乞食を、行う、者が、居たり、それを、憐れむ、子供の視線(心境)が、有っても、母親が、「見るんじゃ、ありません」と、手を、強く、引き、歩き、去った、記憶を、有する、70代以上の人が、居るのかと、想われ、その経験が、有るが、故に、「衝動的な親切心が、時に、身を、滅ぼす、事も、有る」と、言う、事を、『遺伝子的な感覚で、知って、いる』のが、本邦の民(貴族、裕福な家庭、等、除く)と、成る。
警戒
 近年に、「帰化人系(の子孫を、含む)の公務員が、意外に、多い」と、感じる(想える)、事が、司法の分野、等で、有る。

法務省と、厚生労働省(労働局)の問題

 法務省で察知を行った『外国人技能実習失踪の事件』の背景に、違憲、違法な労働的環境が有った事が指摘されている。

僕の見解
 僕が想うに、それ(違憲、違法な労働的環境が有った事)を、法務省から、厚生労働省へと報告を行っている気配が無く、雇用者の刑事的責任が、追及されて無い事が、失踪の事件を拡大させているように想える。
国家公務員による本来の対処
 企業の設立と言う意味合いでは、『(甲)会社の登録が行われている(登記されている)のかと想われ、(乙)違憲、違法な活動を、本邦内で企業と認める理由が無く、(丙)法務省が職権で、法人権の剥奪を行う事も可能』と想え、労働分野に関する刑事では、厚生労働省へと報告を行う義務が課せられている(刑事訴訟法 第二百三十九条 二項)と想われるが、それが適切に行われていたのならば、三千人もの失踪者を発生させる事が無かったとも想える。
米国 民主党系列の工作を、疑う - 追記 令和元(皇紀 2679;2019)年10月04日
 「令和元(皇紀 2679;2019)年10月04日 現在の米国では、共和系の大統領が、国政の指揮を、行っているが、それへの印象を、悪くする目的で、本邦に、居る、民主系工作員(行政、企業の幹部に、潜んでいると、想われる)が、Vietnam 系の問題を、発生させつつ、本邦の民に、『(A)米国 共和党、(B)Vietnam 』への印象に、憎悪を、抱かせている」との可能性を、疑う。
Vietnam War(Wikipedia
 『(A)米国の歴史では、Vietnam に、良い、印象が、無い』、外に、『(B)大韓民国の参戦』も、有る。
 また、『近年の本邦における、政治、及び、公務の事情』に、「(C)大韓民国系の子孫による、政治、公務への参加、等も、有る」のが、現状。
近年の本邦と、Vietnam の外交
 国家間、及び、民間でも、友好的な交流が、年々に、増す傾向と、成っていたが、近年だと、民主的主義への印象に、影響が、無い、色々な事件が、勃発するに、至っている。
 なお、『(a)実習生の失踪を、多発させている、企業の構成員』、『(b)実習生の入国を、許可するに、至った、公務側の関係者』、等に、似非な民主Χριστιανισμός(キリスト教)、Freemasonry を、含む:双方は、実質的な観点だと、社会的主義)系の構成員が、居るのかは、不明。

関する、課題

傾向の観察

 中華人民共和国からの実習生が減少されているが、Vietnam (ベトナム)からの実習生が増えている。

 また、失踪を支援する組織が有る可能性も疑われる。

 更に、雇い主側で、技能実習生に奴隷的な扱いを行っていた場合は、雇い主に違憲の責任が課せられる。

 なお、主に、『(A)技能実習制度、(B)就労での入国、(C)留学』、『(a)違法な就労、(b)失踪、(c)違法な滞在』』を、観察。

法務省

令和02(皇紀 2680;2020)年10月10日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年10月04日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年09月12日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年09月08日 現在

平成30(皇紀 2678;2018)年12月18日 現在

報道

令和02(皇紀 2680;2020)年11月15日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年10月06日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年09月29日 現在

令和元(皇紀 2679;2019)年07月11日 現在

補足
 国民の総人口は、減っているが、外国人の入植が、異常に、増えている。
留意
 思想、宗教における、思惑からの政治的工作による現象と、想われる。
目的
 本邦の一般人に、愛国心を、煽る為と、想われる。

令和元(皇紀 2679;2019)年06月17日 現在

 現状は、報道で、失踪者や不法滞在者の関連における事件が、多く成っている。

平成31(皇紀 2679;2019)年01月20日 現在

平成30(皇紀 2678;2018)年10月04日 現在

+  YouTube

平成30(皇紀 2678;2018)年05月29日 現在

+  YouTube

平成29(皇紀 2677;2017)年12月13日 現在

報道 - 留学

平成31(皇紀 2679;2019)年03月19日 現在

報道 - 医療費問題

平成30(皇紀 2678;2018)年06月14日 現在

報道 - 海外

令和02(皇紀 2680;2020)年10月30日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年09月15日 現在

平成30(皇紀 2678;2018)年07月02日 現在

+  YouTube

米国

令和02(皇紀 2680;2020)年10月21日 現在

令和元(皇紀 2679;2019)年07月15日 現在

平成30(皇紀 2678;2018)年10月27日 現在

 「米国が、不法な移民の批判を、国際的な観点から、目立って、主張を、行って、いる」が、本邦に、限らず、あらゆる国でも、生じて、いる。

+  YouTube

平成30(皇紀 2678;2018)年07月02日 現在

+  YouTube

平成30(皇紀 2678;2018)年06月26日 現在

+  移民と、
責任

平成30(皇紀 2678;2018)年06月23日 現在

平成30(皇紀 2678;2018)年06月22日 現在

  • AFP BB NEWS
    • 親から引き離され保護施設で暮らす移民の子どもたち、米国
      • 平成30(皇紀 2678;2018)年06月22日 13時06分
      • [補足:僕の観点] - 『(A)違法入国者は、移民に該当せず、(B)親の都合で、子供が、巻き込まれている事情を想えば、(C)不良な親との生活を、引き離す方が、良い(親の責任を、子供には、負わせない)』と、判断する。

中华人民共和国(中華人民共和国)

מְדִינַת יִשְׂרָאֵל‎(イスラエル(共和)国)

令和02(皇紀 2680;2020)年11月28日 現在

Republik Indonesia(インドネシア 共和国)

令和02(皇紀 2680;2020)年11月28日 現在

संघीय लोकतान्त्रिक गणतन्त्र नेपाल(ネパール連邦民主共和国)

令和02(皇紀 2680;2020)年09月08日 現在

اسلامی جمہوریہ پاکِستان(パキスタン・イスラム共和国)

令和02(皇紀 2680;2020)年11月28日 現在

Cộng Hoà Xã Hội Chủ Nghĩa Việt Nam(ベトナム社会主義共和国)

 本節の参考に、『法務省と、厚生労働省(労働局)の問題』を、参照されたい。

令和02(皇紀 2680;2020)年11月25日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年11月13日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年10月27日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年10月09日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年10月07日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年09月24日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年09月17日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年09月16日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年09月10日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年09月08日 現在

令和元(皇紀 2679;2019)年10月04日 現在

대한민국(大韓民国)

令和02(皇紀 2680;2020)年11月28日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年11月17日 現在

関する、法規

日本国 憲法

前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

第十八条

 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。

刑事訴訟法

  • 電子的政府
    • 公布
      • 平成二十九年六月二十三日
    • 改正
      • 平成二十九年 法律 第七十二号

第二百三十九条

 何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる。

二項
 官吏又は公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない。

出入国管理及び難民認定法


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-28 (土) 22:35:21 (7d)