最高裁判所 職員に対する適性の検査

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-12-19 (月) 17:16:25
  • 段階、参照:

趣旨

 入庁時初期の研修は、時代相応に最新の内容と成っているが、それ以前の先人には、同等の教育が行われておらず、再教育が必要である。

 よって、一般の自治体(地方公務員)でも取り入れられている、入庁から5年後研修(以降も五年後ごと)に、現状で行われている初期研修を再研修させ、仮に内容に変わりが無くても、再確認を踏まえ、義務(教育)として受ける事を検討してもらう。

 なお、研修における展開の戦略には、大枠で二つの観点が有り、(一)仮に平成28年度での入庁なら、平成33年が再研修の対称と成るが、(二)既に平成28年度以前に入庁されている古参に対して、どのように摘要を行うのかが問われ、(甲)既に(以前に)『管理職からの展開(を促進していた件)は、十分に行われている』のかと想われ、(乙)その第二段階として、管理職以外の職員を対象とする、最新の入庁者初期研修を再研修として受ける事を義務化する事が求められ、(丙)退職が間近な者から優先にと再研修を受けてもらいつつ、再就職や再雇用に成っても、業務の内容が劣らないようにする事も目論む。

追記
 実は、公務員に置ける再雇用で、致命的なのが、『能力が無いのに政治や宗教、縁故の関係などで再雇用されている者』の存在は、経済性の観点からも致命的で、工作員よりも被害が大きい事が分かっており、民間企業でも産業工作員よりも、天然的な業務無能力者の方が脅威と成っているのであり、それを解消する為にも、退職前に公務員として恥じる事が無いようにと、今時代的な接遇、事務、業務の改善、及び危機的管理の能力を得る為に、再研修を受ける。

補足

 今回は、三種類の方法で展開を行う。

  1. 一般的な御意見、御要望
    1. 以前から行っているが、他の省庁と比べると、比較に成らない程に対応が鈍い。
      1. それにおける被害は、国民に多大なる不利益を及ぼしている。
  2. 人材の個々における不適切性を期に、再教育の重要性を要請
    1. 職員への教育に付いても、本件で第三段階目と成る。
      1. 嘗ては、「簡易裁判所による口頭での訴えを拒絶する事件*1
  3. 訴訟
    1. 僕の戦略における利益性の確保
      1. これまでに国、東京都、八王子市、立川市に対して行った経済的活動は、他の国民に利益が生じるが、それにおける僕の利益が、起案者としては、軽視されている。よって、それを被害として国を相手に損害賠償請求を行いつつ、国家として各事件の自覚してもらう。
      2. また戦後から、司法の人員が多く生産されているが、現状において倫理観が低く、「僕の経世済民研究における観点での精神病質者」も多く居るのかと判断するに至っており、組織犯罪の抑制に使ったのと同じ戦略で、弁護士会等へ牽制も行い、本邦の倫理性を高める事を目論む。

事前の調査 裁判所職員の雇用(採用)における形態

 別件で問い合わせた時の序でに、職員の採用における形式に付いてを確認した。

東京地方裁判所 立川支部 庶務第一課 課長 - 平成28(皇紀 2676;2016)年12月26日

(一)  裁判所の職員の採用に付いては、主に(大枠で)『(一)裁判官、(二)事務官、(三)調査官』に解れます。

(二)
 書記官は、事務官を経て、書記官に成ります。

(三)
 現在は、速記官の採用における募集を行っておりません。

概要

(一)
 職員の雇用(採用)における形式に付いて明確にされたい。

  1. 書記官
  2. 事務官
    1. 速記官

(二)
 書記官は、どのような形式で職制を得るのかを明確にされたい。

(三)
 速記官が居たのかと想われるが、それにおける雇用の形式を明確にされたい。

補足
 実は、速記官の雇用に付いて、「音声の録音などは、電子的な機器の発達から、その技能に置ける特別的な技能枠を必要とされない。」として、約8年ぐらい前から、雇用を止めるように求めていた事が有る。

要望

最高裁判所 事務総局 人事局調査課 - 平成28(皇紀 2676;2016)年12月19日

 (ご意見、ご要望として)解りました。

概要

 新規採用時に行われる初期的教育(研修)は、例えば10年前に行われていた内容と異なるのかと想われ、その差異を修正する必要が有るのかと想われる。

 そこで、地方自治体でも行われている採用後五年(毎)研修を実施(義務化)されたい。

 また、仮に、平成28年度現在における初期的教育が、後の五年後でも代わりない状態でも、再教育を兼ねて実施されたく、その時に法令の変更点等に付いても教育されるように、検討をされたい。


*1 住所不定者が、生活保護を受けられ無い事への阻害:それに対抗した対策案

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-28 (月) 17:36:53 (42d)