最高裁判所 書記官による情報の操作

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-12-26 (月) 18:33:48
  • 段階、参照:

趣旨

 「書記官は、裁判官との間で、情報を、操作する事が、有る」と、判断するに、至っている。

 また、書記官は、自らの判断や意見を、記録に残さずに、裁判官へと、伝えて(教唆、仄めかし等を行って)、裁判官の判断を、誘導する事が、有る事も、確認するに、至っている。

 よって、裁判所には、「裁判官へ、注意を、促すように、予めに、教育の中で、教える(書記官の意見は、第三者の意見であり、訴訟の当事者、並びに、裁判官の主張と、異なる)」と、要望を、行う。

 なお、本節における書記官による訴訟の操作に付いては、約10年以上も前から、解っており、当時は、医者と看護婦(国家側に、労働枠に、男性の投入と、介護士の分野を、開拓する事の要望を、行っている)の関係でも、生じている事が、解っており、女医の増加を、目論む事への要望も、行っている。

  • Milgram experiment(ミルグラム実験:Wikipedia
  • Stanford prison experiment(スタンフォード監獄実験:Wikipedia

補足

事例
 実は、事例(事件例)が、複数に有る。
事件を長期に放置する(開廷の期日)
 書記官(や裁判官の判断で:裁判官が不法な判断を行っても、それに書記官が応じる理由は、本邦において無いので、「裁判官の指示に書記官がしたがった(共同)」との場合も有るのかと想える)が、故意で長期的に放置(期日を決めない:これは、相手方に訴状が送られてない時に、行われる工作)される事も有り、それを最高裁へと通報。後に、東京地裁だけでも、かなりの数が長期にと事件が放置されていた事が判明。
訴訟の費用
 外にも訴訟の費用を放置する事が有る。これは、国庫立替金を使った場合に生じている。(この事件が元で、最高裁番所へと調査の要望を行っている:苦情の申し立て)*1

*1 こうした事件を発生させる、宗教や大学も、特徴が有るのかとも判断しており、現在だと複数の宗教、及び大学を対象に観察を行っている

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-26 (金) 13:25:43 (406d)