国 河川敷において無許可で生活、農業を行う者への対処

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-01-14 (木) 17:48:54
  • 段階、参照:

趣旨

 多摩川の河川敷において、無許可で農業を営んでいる者が居るらしい事が解ったので、相応の対処を行政機関に求める。

要望

立川市役所

 解りました。

  • 平成28年01月14日

概要

(一)
 多摩川の河川敷において、生活、及び農業を展開していりる人達が居ると、Internet上で話題と成っているので、その事実を確認されたい。

 (甲)
 その時には、以下者達と一体と成って行われたい。

  1. 国土交通省
    1. 河川の担当官
      1. 多摩川の担当
  2. 東京都
    1. 担当者
      1. 河川、及び福祉の人員で、どちらか一名程度
  3. 立川市役所
    1. 生活福祉課の人員
      1. 生活保護を必要とされるのかを確認
    2. 生活安全課
      1. 自治内における生活の安全を確認
  4. 立川警察著
    1. 地域安全課など
      1. 違法(例えば軽犯罪法・第一条四項、並びに)

(ニ)
 また河川敷にて無居で農業を展開している者達の中には、外国人が含まれるらしいので、留意をされたい。

(三)
 本来であれば警察官などによって、「(甲)住所不定者や不審者に職務質問を行い、(乙)仮に軽犯罪法・第一条、四号や九号に合致するなら逮捕を行いつつ、身元の確認を行う必要が有る」が、それを警察庁の監督不行き届き(国家規模での警察公務上における過失:軽犯罪法・第二条、第四条の判断は、警察官が行うのでわなく、検察官、及び裁判所が行うのであり、勝手な警察官の判断(情状酌量の執行)によって、現状における住所不定者の数が減らない)にて生じている事も解っており、それに付いて警察庁に数年前から、そうした状況を改めるように(住所不定者と明らかに解る者や不審者に職務質問を行い、軽犯罪法・第一条四号に該当をするなら逮捕して身元を確認しつつ、何だかの犯罪にと関与がないかも確認されたい)と要望を行っているが、それに警察庁が応じてない事情を把握しているので、市役所の職員(公務員)として、それを埋め合わせる公務が必要とされると解るのだから、自治性の観点からも警察庁の怠慢を乗り越え、公益の確保に努められたい。

行政の動向を観察

厚生労働省

関する、法規

軽犯罪法 電子政府・法令検索

最終改正:昭和四八年一〇月一日法律第一〇五号

第一条
 四
 生計の途がないのに、働く能力がありながら職業に就く意思を有せず、且つ、一定の住居を持たない者で諸方をうろついたもの

 九号
 相当の注意をしないで、建物、森林その他燃えるような物の附近で火をたき、又はガソリンその他引火し易い物の附近で火気を用いた者

第二条
 前条の罪を犯した者に対しては、情状に因り、その刑を免除し、又は拘留及び科料を併科することができる。

第三条
 第一条の罪を教唆し、又は幇助した者は、正犯に準ずる。

第四条
 この法律の適用にあたつては、国民の権利を不当に侵害しないように留意し、その本来の目的を逸脱して他の目的のためにこれを濫用するようなことがあつてはならない。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:40 (542d)