国 米軍機による騒音を目的とした飛行

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-03-07 (月) 17:44:42
  • 段階、参照:

趣旨

 米軍は、故意に曇りや雨天の時に、雲内、及び雲の下、または、Jet(ジェット)音を響かせる現象を生じさせ、『一般を(甲)不安にさせたり、(乙)騒音を聞かせて心情を害する』等を行っていると判断するに至っている。

 もともと、過去に米軍と付き合っていた女性(複数名)から、色々な事情を聞いており、Marijuana(マリファナ)、売春、強姦などを含む、色々な事情を把握しており、「それらの点に付いて公的には、情報の操作が行われている」とも判断するに至っている。

 ちなみに、『(ア)飛行士が上官の命令を受けている』とも限らず、『(イ)飛行士が独自の意思で行っている』との事も聞いている。

 よって世間的には、米軍と言う括りで評価され易いが、本質的には、『(ウ)飛行士、及び、それの人材を管理する者』の責任が問われる。

 なお本邦の航空自衛隊でも、似たような事が生じているが、それが『(あ)上官からの命令なのか、(い)飛行士の単独意思なのか』は、不明(これまでの僕の人生において、航空自衛隊の飛行士に詳しい女性自衛官と付き合っり、友人としての交流が無く、情報の不足)。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:41 (771d)