国 仮想的現実 軍事-AIと人

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-03-28 (月) 21:14:58
  • 段階、参照:

趣旨

 本課題における AI(Artificial Intelligence)とは、『ARMA3 の関連で、個人などが開発を行っている、GAME 内で使われる戦闘用の人工的知能』を意味する。

 それの精度などを、鑑査する。

 既に ARMA3 に関連する各種の課題が複数に有るが、課題の細分化を行い、小枠にする事で、各課題の視野感で鑑査を行い、実際の軍事的行動における脆弱性なども、把握をする。

AIと人

 以前から簡易的に行っていたが、改めて『 AIの挙動に対する人の行動(心理)』を観察する。

  1. 攻撃
    1. 人によるAIへの攻撃性
      1. 戦略性
      2. 攻撃時の警戒性
  2. 防御
    1. AIの攻撃に対する人の防御性
      1. 電子的知能と、人の能力(本能性、学習性)による防御性
      2. 防御時の警戒性
  3. 人の攻撃、防御を、軍事の外で転用
    1. 過剰な軍事的闘争心を、人の生活において非暴力的にと転用
      1. 起業、創業
      2. 営業
      3. 繁栄
      4. 防犯性
      5. 利益性の確保 - 競合的相手との優位性を追及する心理(行動)は、除く。
  • 平成29(皇紀 2677;2017)年03月26日

関連の課題

  1. 国 Network GAME 税の設置 - 日誌/進捗/平成26年度/262
  2. 国 Network GAME 設置者に風営法を適用 - 日誌/進捗/平成26年度/263
  3. 国 仮想的現実での軍事的な訓練 - 日誌/進捗/平成28年度/8
    1. 国 仮想的現実 軍事-偵察機 - 日誌/進捗/平成28年度/9
    2. 国 仮想的現実 軍事-銃火器、射撃 - 日誌/進捗/平成28年度/10
      1. 国 仮想的現実 軍事-狙撃兵 - 日誌/進捗/平成28年度/78
    3. 国 仮想的現実 軍事-車両 - 日誌/進捗/平成30年度/158
    4. 国 仮想的現実 軍事-体感 - 日誌/進捗/平成28年度/13
    5. 調査 仮想的現実 軍事-医療 - 日誌/進捗/平成28年度/15
    6. 国 仮想的現実 軍事-無線 - 日誌/進捗/平成28年度/16
    7. 国 仮想的現実 軍事-地形 - 日誌/進捗/平成28年度/57
    8. 国 仮想的現実 軍事-格闘 - 日誌/進捗/平成28年度/59
    9. 国 仮想的現実 各国の現的な軍隊 - 日誌/進捗/平成28年度/98
  4. 国 仮想的現実 航空機の操縦 - 日誌/進捗/平成28年度/11
  5. 国 仮想的現実 自動車 - 日誌/進捗/平成28年度/14
  6. Server 研究 ARMA 用の Server を構築 - 日誌/進捗/平成28年度/51
    1. 自由な研究/PC/Server/0/01 - Server の運用を PC へ移行

他の参考

 既に、人工的知能は、人と同じく、外部からの影響(洗脳や感情的な表現を操作;Mind Control)で、操作を行える事が、話題に成っている。

  1. Business NEWS Line
    1. MicrosoftがリリースしたAIチャットロボット、たったの1日で差別主義思想に洗脳
    2. Microsoft: 自社開発のAIチャットロボットによる差別発言で釈明
  2. 万屋の Blog
    1. よろず情報局::世界の情勢
      1. 対空戦では、有能な人でも AI に勝てない
    2. よろず情報局/国内の情勢
      1. 初体験は、Robot(ロボット)。
      2. 総務省が、AI による犯罪などを懸念
    3. 文芸::新しい物語
      1. AIの倫理における矛盾を解消せよ。

ARMA3 の AI

 実は、昔から軍事戦闘型の AI に付いては、警戒心を抱いており、市販されている GAME を介する形式(仮想的に)、『(甲)人と人で行なわれる戦闘と、(乙)人工知能と人で対戦する戦闘、(丙)人工知能だけの対戦』における、三分野を確認。

 それらの内で(丙)に付いては、予めに用意されている情報を基に、人工知能を使って行動させる事で、人工的な仮想対戦が可能と成り、それを(乙)に導入する事で、訓練が可能と成り、(甲)による紅白戦で、実践的な敵側の心境や、戦況の情報を、現実的に収集する事が可能(それに基づく、予測も可能)と成る事が、だいぶ前から解っている。

 本件での課題における重要な部分は、「(あ)民間が開発を行っており、(い)それを各国の軍事的部門が、観察を行っていると想われる」との二種が有り、それらの事情から、一般人でも、『色々な事の想像が行える』のかと想える。

 よって、『(一)AI の開発における状況と、(ニ)それによる各国の軍事的部門における動向、(三)仮想 GAME での動向と、安全性』が、主な観察の対象と成る。

 なお、(A)開発者が日本人に限らず、(B)誰であっても、それらの責任を、僕が過剰にと、個人的に追及する事も無いが、(C)必要に応じて、防衛庁、国家公安委員会、法務省(公安調査庁)へと、報告を行なう体制で鑑査を行なう。

補足

 ARMA3 内では、AIに人格が割り振られており、機械的に展開する事が多く、射撃などの点で、人よりも正確に狙ってくる機械的な精度を有するが、現実的な観点だと、問題(非人間的)と成っている。

 ところが、その問題が 「Program 上の問題だ」と解りながらも、『(A)人よりも精度が高く成り、(B)その精度を下げると、機械的に下がるので、人に例えられない特徴と成る』が、実践の戦闘で求められるのは、実行の精度なので、逆に「人よりも、AIの方が精度の高い成果を遂行する事が可能だ」と思わせる傾向に有る。

補足
 AIには、感情も無いので、良心や恐怖感に左右される事も無く、機械的な認識の判断で、攻撃の方法が変化する。

 近年だと、軍事の外でも、日常の生活の中に、人工知能が含まれている物が、徐々に増えつつあり、それらの相対的な効果を、科学者達が危惧する意見も有り、「人工知能が人を駆逐する」と提言する学者も居るが、もともと科学者達が組織する集団によって、人工的知能が開発されている関係から、Elite(エリート)の十八番芸である「まっち・ぽんぷ*1だ」とも疑える。

MOD

 ARMA3では、一般の USER が開発を行っている A Iも有る。

+  各種のMOD

世間的な傾向

報道

海外


*1 近年における僕の判断では、責任の擦り付け(責任の回避)にも使われていると判断。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:42 (343d)