立川市役所 図書館の利用に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-01-20 (水) 14:59:43
  • 段階、参照:

趣旨

 以前に確認を行っていたが、暫く把握を行っていなかったので再確認を行う。

補足

 立川市の図書館を利用した時に、以下の事件が生じている。

  1. 建物の亀裂事件
    1. 震災後に、巨大な亀裂が図書館に発生していたが、それを隠していた。
      1. その調査などの時に、暴力団員らしき者も、人間関係の工作に加わっていた。
  2. 書き込み事件
    1. 貸し出しを行う時に、不良図書(第三者に書き込まれた図書)を、それを確認せず平然と貸し出す傾向に有った。
      1. 後に調査を行い、図書の貸し出しを行う都度に、職員の目前で、不良図書の有無を確認すると、約三十冊に一冊の割合で不良図書((破れ、切り取られ等を含む))を平然と貸し出す解っており、当時の館長に厳重な注意を行ったが改まらず(貸し出し前に、借受者の目前で図書の確認を行う業務を加えるよう求めたが、それの応じず)、平然と不良図書を貸し出す立川市役所の人としての観点に呆れ、調査の終了後に図書館の利用を止めている。
  3. 利用者の飲食事件
    1. 民営がされて間もない時に、少年二名が平然と館内で飲食を行っており、その周辺に約二名の大人も居たが、それを注意してない状況を発見した。
      1. 担当の職員に、注意を促して、少年による飲食を中止させた。(ちなみに少年達は、日本語で会話を行って居たが、在日外国人らしい感じも有った)


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:42 (542d)