国 立川簡易裁判所に対する鑑査

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-04-06 (水) 20:20:23
  • 段階、参照:

趣旨

 もともと全国の裁判所において、国民の利用を妨げる傾向が有り、それが公務員による無能力によって自然的に生じる事が解っており、その無能な部分を再教育で補う事を、十年以上も前から最高裁判所に推奨を行っていたが、新入職員に対しては、適度な教育が行われていても、それ以前の時期(平成28年度現在において、35歳以上の職員で、昇進研修や再研修を受けてない者)では、「最新の教育が身に付いてない」想われ、改めて再研修の必要性を求める。

関連する課題

傾向

立川簡易裁判所

平成31(皇紀 2679;2019)年02月14日 現在

 「口頭での訴えを、試みたが、やはり、職員への教育は、現在でも、不十分」と、判断。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-28 (月) 17:51:52 (39d)