国 多摩地域で展開してる他人精神を害する活動

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-04-08 (金) 23:34:28
  • 段階、参照:

趣旨

 近年、全国的に話題と成っている他人の精神を害する活動に付いて、主に指定暴力団などの犯罪組織、宗教団体、在日外国人など、広くは、地元と意識に伴う逆排他的行為(もともと世間的に排他された立場に有る者達の同胞達が多く居住する地域などにおいて部外者を逆排他的に違憲、違法的な攻撃を行う)等を確認している。

 八王子市、立川市で在住中に体験した内容では、公務員が含まれており、特に警察庁、警視庁、裁判所の人材を含め、消防、自衛隊(自衛隊の虐待は、20年前から把握しており一人を救済している)や、自民党、公明党、民主党、共産党、それらに関連する宗教(仏教系、Christ教系、ものみの塔など)、思想の団体などによる違憲、不法、刑法に合致する活動も確認している。

補足

 ちなみに虐め、虐待などの排他的行為は、どこでも発生しており、特に幼少期でも『仲間はずれ、虐め』などが生じており、特に珍しい現象でもないが、「(甲)高齢者の孤立、(乙)若者の自殺(未成年者の自殺)、(丙)治安維持に伴う自治性の低下」などの観点から想えば、経済的な観点からも好ましいと判断できない。

 また、近所、地域、勤め先などにおいて、常に一人の人員が統括的勢力を他人に見せ付け地位を維持する性格を有する者が集団内に居ると、攻撃が平然と行われる傾向(集団内の観点で、物事を判断する傾向)に有り、その場合だと社会的な常識(憲法や法律)の概念が欠如する事が多いのも特徴で、少年期だと Gang(ギャング)団を形成しつつ、犯罪組織的に展開するのが欧米的だが、日本だと後に指定暴力団(Terrorism:テロリズム)や、政治的な要素が無い、狩猟的な犯罪行為の集団へと変貌する事も有る。

 立川市で体験したのは、特定の宗教団体を除いて、その殆どが50歳以上の人員、または、身体障害者、精神障害者、犯罪者(軽犯罪法の合致者を含む)、未成年者などで、他にも一般者が含まれるが、それらを前衛に仕掛ける卑劣さ等から、数年前から一般の立川市民との交流を避けつつ孤立化するが、序に孤立化している高齢者や若者が増えている街環境の観察を行っていたが、結果的に「孤立させたりする事で、精神などが衰弱する状態に陥り、誰かしらに助けを求めるだろう」と想定された街構造に成っており、相応の時期を見計らって宗教の勧誘や思想的同胞主義者による「あなた(弱者)の味方します」と言うような、工作も(標的に対して)展開されていると判断しており、それにおける Christ(キリスト)教の卑怯さや、仏教や思想系の醜さに、失望どころか、それらの者達を哀れにさえ想える程に至りつつ、日本人として関わりたくない人達(在日外国人でわなく、日本の国籍を有している民が対象)と割り切っているが、調査の関係で平均的な人に関しては、色々と取材をする事が有ると言う程度に留めている。

 なお、人の精神を害するという部分(傷害罪)において、皇室内でも行われている可能性を疑うに至っており、間接的に故意で色々な検証(攻撃者の心理を把握する調査)を行ったが、特に警備や生活上における身近な人材が、天然的な工作員と成る状態に陥る事が有るのかとも判断しており、被害者とされる者が、「物事の観点を何処に置くかによって、他者で、ひがむ者が生じる事を想えば、社会的な地位と他人からの評価(本邦では、平等性を求める意識が強い割りに、憲法や法律に伴う平等性の意識が低いので、憲法や法律を護れる生活を行っていると、それを阻害する輩が現れる)を考える必要がるのかとも想える。

対象

  1. 裁判所
  2. 警察官
    1. 警察庁
    2. 警視庁
  3. 宗教団体
  4. 政治的思想
  5. 在日外国人

対処の方法

裁判所を用いる

 基本は、正当防衛を前提とした排除だが、法の基に平等と言う観点から司法を利用したいが、主原因が Freemason や、その前衛と成る各 Christ教などの思想に基づく教育をいけている人材が多く、師弟の関係などから悪事の隠蔽率が、昔から犯罪組織と等しく高い。

裁判所の職員における質の悪さ

 公務員としての質が昔から悪い事が解っており、それらを教育で補われる事に成っており、既に新たに入庁する人に付いては、最新の教育が行われているが、35歳以上の人材で昇進研修を受けてないような者達に付いては、再教育が必要だと数年前から伝えおり、一時期に改まったが、最近に別件の用事で再確認を行ったところ改まってない事を確認している。

 また昔から不良公務員側に、その自覚が無く、改まらないのも特徴的だ。

その特徴とは
 業務の習慣から人格的が形成されているので、当人が意識しなければ改まらない
精神病質者と同じ
 宗教や思想と称した洗脳などを通して、精神病質者として育てる事も可能だと解っており、それを現在だと多くで悪用されているが、それと等しく悪い職場や生活の環境に長く居ると、それが普通と成ってしまうのも人の習性。
犯罪の被害者と、受刑の観点は、異なる
現在だと、オウム真理教事件などを含めて、犯罪者が有利に成るような展開が、裁判所で進んでいるようにすら想えるが、「脅威的な存在が有るからこそ、司法の正義が引き立ち、民のの意識を操作する事も可能に成る」と言うような展開も見せている。
指導権を持っている者達の思惑
ちなみに末端の公務員は、仕事と言うより作業をしていると言う状態で、それから導かれる結果が経済的に不利益を生じさせる自覚を職員が有して無かったり、解っていても、それへの防御が行えず、作業として継続する事が多い
何だかの犯罪でも同じ
「違憲、不法な行為を行って、それを業(仕事)として利益を得ている」との観点を司法が認めている。(悪行を行った被疑者として捕まったから、裁判所で裁かれ、逆に法に基づかない方法で、裁かれたり、自由や刑罰を:憲法・第三十一条)
犯罪の被害者を軽蔑しているのか(被害に遭う方も悪い)
自衛、及び正当防衛性に欠けているのも悪いと判断する観点が有り、被害者側の過失的責任が問われ、それを過剰にする事で、被疑者を逮捕したり、裁く時の逆恨みを回避する目的が有るのかとも最近に疑っている。
裁判員制度の目論み
もともと裁判官を含む、裁判所の職員に対する逆恨みを分散する為に、裁判員制度の導入を促進しており、「地域で発生した事件は、その自治を形成する全ての民にも責任が有り、その責任を等しく負いつつ、新たな事件を発生させない為の免疫性を得る等が、目論まれて展開するに至っている。

追記

 裁判所の内部において、公然と一般の民に対して精神を害する活動が行われている事を、だいぶ前から確認しているが、現在(平成28年10月14日)でも、改まりが無い。

 基本的に、侮辱、及び職権の濫用が主と成っている事を確認しており、特定の裁判官、書記官にて再確認を行った。

 よって、相応の活動を行っている人物に付いての報告を、国家に行う。

市内の事情

『くしゃみ』をする素振りで、大声を出す。

 この工作は、八王子市に居た頃から確認を行っており、当初に僕(個人的)に攻撃を行っているのかと想っていたが、後の観察から、僕以外にも不特定で行われている事が解った。

 在日外国人、(似非)宗教団体(共産主義者などを含む)の関与に付いては、調査中。

ATM、会計で、真後ろに立つ

 これは、僕個人の体験だが、故意に接触する程に後ろに近づいたり、後ろから故意に解るように覗き込まれたりする。

 在日外国人、(似非)宗教団体(共産主義者などを含む)の関与に付いては、調査中。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:42 (536d)