調査 仮想現実 軍事-視覚

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-01-25 (月) 03:20:19
  • 段階、参照:

趣旨

 以前から、Terrorism や、犯罪で悪用されそうな Simulation(シュミレーション)に付いて色々と調べていたが、もっと現実的な体感を有した仮想現実(Virtual Reality:VR)の分野を調査する。

 一般的に自動車の教習所や、遊技場( Game Center:ゲームセンター)等で、多くが自動車などの体感型 Simulation として、二十年以上も前から存在しているが、今回の仮想現実に付いては、主に視野を中心とした体感となり、より現実的な仮想世界で、色々と試せる事が行える。

 特に警戒されるのが、軍事や戦闘、犯罪の訓練に使われる可能性が懸念され、既に軍事の分野では、GAMEと連動して遊べる物が市販に出回っているらしく、仮想現実に現実の市街地を設定しつつ、武器などの保有や色々な設定を行う事で、予行が行えてしまう点が大いに懸念される。

 以前に、市販されている軍事 Simulation GAME 等が、(一)射幸心を煽る(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律・第二条七号)との観点や、(ニ)Internetを介して GAME の Server の設置する事が、遊技場の提供に該当する可能性(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律・第二条八号)に該当すると判断でき、独自の調査を行っていた。(それに付いての報告書は、未だ作成されてない:『(ア)課税の対象、(イ)都道府県の公安委員会への届出制(大規模なら国家公安:国際規模)』を国家に要望する予定)

 また、「(ア)軍事 GAME の Server を設置して軍事愛好家を募り、(イ)お互いの交流における人間関係を深めつつ、(ウ)海外で観光的に武器の使用を体験したりすることへ誘導する者達が居る」のかとも判断しており、その延長に不法行為(Terrorismなど)への勧誘が生じる可能性も懸念され、それらを抑制する為にも国家、地方の公安委員会や、法務省 公安調査庁などで把握しておく必要もあるかと判断している。

それらの調査の延長として、家庭に居ながらにして簡易的に軍事(武器の使用)訓練、及び犯罪の予行訓練が、家庭内の遊び感覚で行えつつ、それが以前よりも、更に進化して行えてしまう危険性に付いて、一般人的に調査を行う。

 なお別件で、三年ぐらい前から無人航空撮影機(一般に、Drone:ドローン)に付いても調べていたが、今回の件では、UAV(無人偵察機)、無線 Robot(EOD Bot)の分野(仮想訓練)として、改めて調査を行う。

関連の課題

 調べたところ、各種の分野で複合的に構成されている課題と成るので、各専門にと課題を分散する。

 本件の枠では、各調査の課題で共通と成る『視覚の分野』を扱い、他を以下の課題に分ける。(分類の詳細に付いては、日誌/進捗/平成28年度/8を参照されたい)

  1. 国 Network GAME 税の設置 - 日誌/進捗/平成26年度/262
  2. 国 Network GAME 設置者に風営法を適用 - 日誌/進捗/平成26年度/263
  3. 国 仮想現実での軍事的な訓練 - 日誌/進捗/平成28年度/8
    1. 調査 仮想現実 軍事-偵察機 - 日誌/進捗/平成28年度/9
    2. 調査 仮想現実 軍事-銃火器、射撃 - 日誌/進捗/平成28年度/10
      1. 調査 仮想現実 軍事-狙撃兵 - 日誌/進捗/平成28年度/78
    3. 調査 仮想現実 軍事-車両 - 『 調査 仮想現実 自動車の運転 』と併合
    4. 調査 仮想現実 軍事-体感 - 日誌/進捗/平成28年度/13
    5. 調査 仮想現実 軍事-医療 - 日誌/進捗/平成28年度/15
    6. 調査 仮想現実 軍事-無線 - 日誌/進捗/平成28年度/16
    7. 調査 仮想現実 軍事-AI - 日誌/進捗/平成28年度/56
    8. 調査 仮想現実 軍事-地形 - 日誌/進捗/平成28年度/57
    9. 調査 仮想現実 軍事-格闘 - 日誌/進捗/平成28年度/59
  4. 調査 仮想現実 航空機の操縦 - 日誌/進捗/平成28年度/11
  5. 調査 仮想現実 自動車の運転 - 日誌/進捗/平成28年度/14
  6. Server 研究 ARMA 用の Server を構築 - 日誌/進捗/平成28年度/51
    1. 自由な研究/PC/研究 Server 01 - Server の運用を PC へ移行

補足

 洗脳などに使われる可能性も有るので、別途で危険性に付いてを確認する必要も有るのかと想える。

  • 平成28年04月12日

事例

Head Tracking(ヘッドトラッキング)

 視覚的な追加機能として、頭の動きに合わせて視野(画面)も移動した映像を写すが、画面(Monitor)が動かないので、映像的な変化に留まる。

 これまで、よりも現実的な視野角や頭の動きで、体験や訓練が行える。

 なお、GAME 等では、一般的に(非現実的な:実際なら生じない)操作として Keyboard で、視野を操作する。

ARMA2Battle Field 4
ARMA3

VR画面

 既に、『すまーとふぉん』等を介して簡易的に体感できる物が有り、徐々にPCの分野にも広がっている。

 Head Tracking と異なって、眼鏡型で頭の動きに合わせて見てる視覚も変化する事により、仮想空間が現実化する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:42 (541d)