国 太陽光などの自家内発電は、災害発生時に有益か

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-04-20 (水) 13:50:41
  • 段階、参照:

趣旨

 大規模な災害によって、公共の機関から、電気の送電が、無くなった時に、「近年に、広まっている太陽光などの自家製発電が、有益と、成るのか」を、確認する必要が、有る。

 もともと、屋根瓦(やねがわら)を、全て、太陽光発電の装置に、切り替える事で、国家の負担が、減少する事が、見込まれ、公共への貢献率も、上がる事は、論理的に、解るが、それへの移行に、割高な投資が、必要とされる(減価償却的な観点でも、その間における整備費を、含める)のが、現状。

 それでも、大規模な震災が、生じた場合は、有益と、成る可能性が、有る。

 また、近年に、集団的な避難所が、求められる理由に、「救援の物資を受け取る都合(行政側の都合では、救援の物資を、渡す都合)が、有る」とも、判断。

 ところが、治安の維持と、言う観点から、区画における、殆どの民をを、避難させると、逆に、治安の維持と言う点で、新たな行政の課題が、発生する事も、有る。

 更に、自治性の観点から、『災害に、強い住居を、所有する家庭』では、過剰に、避難を、行わず、地域の警備的活動にも、参加する、町内の体制が、必要とされ、近年に、時代相応と成る耐震建築物の関係から、「水、電気、食料、連絡の経路、ごみ管理(排泄物を含む)、健康の管理」を、維持する為に必要な、約1ヶ月程度の備蓄を、補える貯蔵も、求められる。

 よって、真の意味合いから減災にと国民に勤めてもらうならば、総合的に「(甲)居住地の安全性、(乙)生活の自衛力、(乙)連絡、情報収集の経路を確保する」の三点が重要と想えるが、本節では、それらの基礎と成る部分(今時代において可能とされる民の生活環境と、それへの向上、及び標準化)を追求する必要が、国家として有るのだから、その情報を収集するように求める事を検討する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-28 (木) 23:31:14 (430d)