国 仮想的現実での軍事的な訓練

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-01-25 (月) 18:23:42
  • 段階、参照:

趣旨

 市販されている GAME を介して、私的な軍事の訓練が可能なのかを確認する。

 また、軍用機、及び銃火器の扱いに付いて等は、今時代だと広範囲と成るので、更に課題を細分する。

 よって本節の課題では、主に( GAME )SOFT 部分での調査を行い、それを介した体感的な部分に付いては、別課題とする。

 なお、調査における主な対象は、「(一)一般で市販されており、FPS(一人称視点が可能で、(ニ)Internet 等を介して集団で参加が行える物」を対象とする。

関連の課題

  1. 国 Network GAME 税の設置 - 日誌/進捗/平成26年度/262
  2. 国 Network GAME 設置者に風営法を適用 - 日誌/進捗/平成26年度/263
  3. 国 仮想的現実での軍事的な訓練 - 日誌/進捗/平成28年度/8
    1. 自警 仮想的現実 軍事-潜水艦 - 日誌/進捗/平成30年度/82
    2. 自警 仮想的現実 各国の現的な軍隊 - 日誌/進捗/平成28年度/98
    3. 自警 仮想的現実 軍事-狙撃兵 - 日誌/進捗/平成28年度/78
    4. 自警 仮想的現実 軍事-格闘 - 日誌/進捗/平成28年度/59
    5. 自警 仮想的現実 軍事-地形 - 日誌/進捗/平成28年度/57
    6. 自警 仮想的現実 軍事-AI - 日誌/進捗/平成28年度/56
    7. 自警 仮想的現実 軍事-無線 - 日誌/進捗/平成28年度/16
    8. 自警 仮想的現実 軍事-医療 - 日誌/進捗/平成28年度/15
    9. 自警 仮想的現実 軍事-体感 - 日誌/進捗/平成28年度/13
    10. 自警 仮想的現実 軍事-銃火器、射撃 - 日誌/進捗/平成28年度/10
      1. 自警 仮想的現実 軍事-狙撃兵 - 日誌/進捗/平成28年度/78
    11. 自警 仮想的現実 軍事-偵察機 - 日誌/進捗/平成28年度/9
    12. 自警 仮想的現実 軍事-車両 - 日誌/進捗/平成30年度/158
  4. 自警 仮想的現実 航空機の操縦 - 日誌/進捗/平成28年度/11
  5. 経済 仮想的現実 自動車 - 日誌/進捗/平成28年度/14
  6. Server 研究 ARMA 用の Server を構築 - 日誌/進捗/平成28年度/51
    1. 自由な研究/PC/研究 Server 01 - Server の運用を PC へ移行

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の適用を検討してもらう理由

 GAME Center(ゲームセンター)と同じで、そこに集まる人々の規模が国際的であって、実際での対面を通して宗教や思想の勧誘にも使われる可能性が有る。
 また、空気銃を用いた模擬的軍事対戦の遊びへと勧誘を行ったり、海外で実際の銃火器から実弾の発射を体験する仲間を募ったり、軍事品や他武器等の収集に伴う違法改造銃の取引等、色々な事が懸念される中継と成る可能性が有る。
 更に、現状で実際に使われている世界各国や自治、武装団が用いている武器(の性能)を GAME に反映させ、現実性を追求する試みが、GAMEに参加している一般人や団体によって展開され、戦場として展開されているMAP(地図)までも現実的な追求が行われるに至っている。

 よって、主に上記の三点の懸念される部分を主体に、各公安委員会による観察下におく必要が有るのかと、日本国の民、その一人として判断するに至っている。

 なお、僕の個人的な研究での選定から、軍事 GAME を取り上げているが、他にもNetwork Game の Server が、各種の分類に分かれて色々と設置をされているので、それらの運用も本件の課題における対象に含まれる。

  • 平成28年06月04日

課税の対称にする理由

 前出の風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の適用を検討される他に、近年において、『 (A) Net Game 、(B) Shooting Game 』等の依存症が指摘されている。

SOFT

 既に市販されている国内外のGAMEを対象とする。

ARMA3(公式の Website 英語日本語

 ARMA 3 と言う GAME は、本格的な軍事 Simulation として世界的にも有名な GAME で、多くの老若(比較的に若者)男女が参加している。

 また、その GMAE が作成される段階において、GAME上のMAPが、現実に存在する地形を模擬している事から、製作者がSPY容疑で捕まる等も生じた程である。

 ちなみに現在では、GAME の購入者が、独自にMAP(地形)や戦略、戦況を造れ、他にも一般人が、色々な現実にちなんだ兵器や戦略の台本を作成しつつ、それをInternetを介して公開する事が可能となり、更に、それらで他の人が遊べる(体験できる)ように成っている。

 必ずしも軍事的訓練に悪用されると限らないが、「嘗て本邦では、飛行機の操作 GAME を経て、実際に少年が飛行機を乗っ取り機長を殺害して、自らが飛行機を操縦する(全日空61便ハイジャック)事件」が生じてり、海外だと銃を購入できる事から、無差別殺人などが発生しており、それらを懸念をする必要が今時代的に有るのかと判断する。

 ちなみに、この GMAE にも操作性を学ぶ事を兼ねた仮想空間での軍事訓練が有って(近年の GAME には、よく見られる)、そして既に VR(バーチャル リアリティー)の概念も導入をされている。

 また、MAP(建物や人物の配置)を自由に行え、地形なども作成する事が可能と成る。

本 SOFT からの派生

  • PLAYER UNKNOWN'S BATTLE GROUNDS(P U B G)
    • 類似品が発生、著作権の争いが生じている。 - 営利的紛争に発展

調査が終了している SOFT

Battlefield

  1. 元祖

 (甲)射幸心を抱かせる内容に成っているが、(乙)武器の制度や管理、機体や車両の扱いに付いて、視覚的な現実性があっても、計器や機器などの精密な操作性が GAME の機能に無く、(丙)仮想的な環境を高めても、実際の軍事的な訓練として成り難いと判断するに至っている。

 よって、Battlefield の GAME Server を運用する者には、『風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律』の対象としてもらいつつ、GAME Soft の販売者、並びに購入者、及び『 GAME Server の運営者 』には、専用の税金を課する事を国家機関側に提案する。

中分類(体感性)

  1. 射撃、武器の扱い - 日誌/進捗/平成28年度/10
    1. Rifle(ライフル)
    2. Machine Gun
    3. 拳銃
    4. 迫撃砲
    5. 手投げ弾
    6. 発炎筒
      1. Chemical Light(ケミカルライト)
      2. 照明弾
  2. 偵察機 - 日誌/進捗/平成28年度/9
    1. 無人偵察機(攻撃機を兼ねる:Drone を含む)
    2. EOD BOT
  3. 車両 - 日誌/進捗/平成28年度/14
    1. Jeep(ジープ)
      1. 攻撃型
      2. 輸送型
    2. 装甲車
      1. 戦車
      2. 軽装甲車
    3. 対空車両
    4. 移動砲
    5. Track(トラック)
      1. 輸送
      2. 補給
      3. 救護
  4. 航空機 - 日誌/進捗/平成28年度/11
    1. Helicopter
      1. 攻撃(輸送を兼ねる物を含む)
      2. 輸送
    2. 飛行(Jet)機
      1. 攻撃機
  5. 医療(負傷兵を救護) - 日誌/進捗/平成28年度/15
    1. 手当ての概念
      1. 薬品(鎮痛剤、強心剤の使用の概念) - MOD(ACE3)を導入した場合
      2. 医療品の扱い(各症状に合わせた包帯など) - MOD(ACE3)を導入した場合
      3. 体液の扱い(生理食塩水、輸血など) - MOD(ACE3)を導入した場合
  6. 無線機(主に対話) - 日誌/進捗/平成28年度/16
    1. 軍事的用語
      1. 対話の訓練(命令など)
    2. 体感 - 日誌/進捗/平成28年度/13
      1. 走行など

傾向(動向)

ARMA 3

平成30(2678;2018)年03月21日 現在

 平成29(皇紀 2677;2017)年06月18日に、GAME の追加的商品で、『 Laws of War 』が販売されている。

内容
 この商品は、主に 地雷(じらい) における国際的な問題を取り上げつつ、『軍事的な攻撃、防御』、『民間人による防御』を、GAME で仮想的に体験、模擬戦を展開する。

 その商品は、「赤十字国際委員会(International Committee of the Red Cross(ICRC))と、公式に提携を行って、作成されている」と公表されている。

追記
 僕は、小学生の高学年(五、六年性)時には、赤十字委員会に所属。成人後では、赤十字による献血において、を含む、各種記念品を貰っていたが、『その(記念品の)豪華さに、激怒する』に至り、「赤十字に、記念品を改めるよう要望(苦情の申立*1を行った」との事も有る。後の現在では、以前よりも質素な記念品に成っている。(参照 献血の功労賞 よろずや Blog)
留意
 僕は、Christianity(キリスト教徒) では、無い。また、今後の未来においても、入信する事は、無い。理由は、神道だから。なお、『善良な人道的支援の活動に付い付いては、宗教や思想に拘ず、協力』を、これまでに行っており、今後も継続する。
補足
 Laws of War DLC の 2017(平成29:皇紀 2677)年度における販売の利益は、寄付される事が、公表されている。(参照 arma-3-laws-of-war-dlc-raises-176667-for-charity

関連の法規

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(電子的政府)

最終改正:平成二七年六月二四日法律第四五号

第一条(目的)

 この法律は、善良の風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため、風俗営業及び性風俗関連特殊営業等について、営業時間、営業区域等を制限し、及び年少者をこれらの営業所に立ち入らせること等を規制するとともに、風俗営業の健全化に資するため、その業務の適正化を促進する等の措置を講ずることを目的とする。

第二条(用語の意義)

 この法律において「風俗営業」とは、次の各号のいずれかに該当する営業をいう。

七号
 まあじやん屋、ぱちんこ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業
八号
 スロットマシン、テレビゲーム機、その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるもの(国家公安委員会規則で定めるものに限る。)を備える店舗その他これに類する区画された施設(旅館業その他の営業の用に供し、又はこれに随伴する施設で政令で定めるものを除く。)において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業(前号に該当する営業を除く。)

*1 「豪華な記念品の為に、献血を行ったのでわなく、高価な記念品を購入する資金が有るならば、もっと売血の価格を下げたり、医療の機器へ投資する等に使え。また、一般的観点での苦情と異なり、献血を行い、相応な記念品を受け取った者の立場からの意見である」と、申出ている。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:42 (343d)