国 客観的に誤解を生じさせるような公示

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-05-26 (木) 18:12:00
  • 段階、参照:

趣旨

 某市議会の議員に付いて調べていたら、『(甲)会派に所属してない』と公開されていながら、政治団体に所属して居る事が解った。

 公示にける手段としては、非国民的な手段だとも想え、それにおける環境を地方公務員(市役所:市議会事務局)が提供しているのだから、それを改めるようにと伝えた。

 ちなみに、該当の職員に対しては、もともと好感を抱いていたが、本件の件で政党を含めて嫌気を抱くに至っている。

序に簡易的な要望

 政務活動費の分配に付いても、個人を基礎に団体の場合には、割り引くようにと要望を行っている。

調査(確認)、要望、行政指導の請求

立川市役所

(一)

概要

総務省 自治行政局 行政課 行政第一係

総務省 自治行政局 選挙部 政治資金課 収支公開室

政治資金規正法 ・

  • 平成28年05月26日

総務省 自治行政局 選挙課  

  • 平成28年05月26日

関する、法規

立川市議会基本条例

平成26年4月1日条例第18号

第16条(会派)
 議員は、議会活動を行うため、政策を中心とした同一の理念を共有する議員で構成する会派を結成することができる。 2 会派は、議会の政策形成に資するための調査研究に努めるとともに、必要に応じて会派で調整を行い、合意形成に努めるものとする。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:43 (539d)