調査 仮想現実的 軍事 - 偵察機

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-01-25 (月) 19:26:45
  • 段階、参照:

趣旨

 ARMA 3(GAME)を介した軍事訓練において、偵察機の扱いに付いてを調査。

 また補足的に、 他の Radio Control で遠隔操作が可能と成る機体で悪用される可能性の有る物に付いても、調査を行う。

+  YouTube

留意点

 無人偵察機や 他の Radio Control で遠隔操作が可能と成る機体に付いては、市販の GAME 機と同じ感覚で操作する事が指摘されている。

関する、課題

  1. 国 Network GAME 税の設置 - 日誌/進捗/平成26年度/262
  2. 国 Network GAME 設置者に風営法を適用 - 日誌/進捗/平成26年度/263
  3. 調査 仮想現実的での軍事的な訓練 - 日誌/進捗/平成28年度/8
    1. 調査 仮想現実的 軍事 - 装甲車 - 日誌/進捗/令和02年度/137
    2. 調査 仮想現実的 軍事 - 船舶 - 日誌/進捗/令和02年度/130
    3. 調査 仮想現実的 軍事 - 潜水艦 - 日誌/進捗/平成30年度/82
    4. 調査 仮想現実的 各国の現的な軍隊 - 日誌/進捗/平成28年度/98
    5. 調査 仮想現実的 軍事 - 狙撃兵 - 日誌/進捗/平成28年度/78
    6. 調査 仮想現実的 軍事 - 格闘 - 日誌/進捗/平成28年度/59
    7. 調査 仮想現実的 軍事 - 地形 - 日誌/進捗/平成28年度/57
    8. 調査 仮想現実的 軍事 - AI - 日誌/進捗/平成28年度/56
    9. 調査 仮想現実的 軍事 - 無線 - 日誌/進捗/平成28年度/16
    10. 調査 仮想現実的 軍事 - 医療 - 日誌/進捗/平成28年度/15
    11. 調査 仮想現実的 軍事 - 体感 - 日誌/進捗/平成28年度/13
    12. 調査 仮想現実的 軍事 - 銃火器、射撃 - 日誌/進捗/平成28年度/10
      1. 調査 仮想現実的 軍事 - 狙撃兵 - 日誌/進捗/平成28年度/78
    13. 調査 仮想現実的 軍事 - 偵察機 - 日誌/進捗/平成28年度/9
    14. 調査 仮想現実的 軍事 - 車両 - 日誌/進捗/平成30年度/158
  4. 調査 仮想現実的 航空機の操縦 - 日誌/進捗/平成28年度/11
  5. 経済 仮想現実的 自動車 - 日誌/進捗/平成28年度/14
  6. Server 研究 ARMA 用の Server を構築 - 日誌/進捗/平成28年度/51
    1. 自由な研究/PC/研究 Server 01 - Server の運用を PC へ移行

ARMA3(Wikipedia) Workshop MOD

無人偵察機( UAV )、等( Drone を含む)

標準

 Soft に、標準で、導入されて、いる。

+  YouTube

Arma 3 Apex DLC( Steam

 無人 Helicopter( Drone )、等が、導入される。

補足
 この DLC から、標準の音声に、中華人民共和国語が、導入され、他にも、色々な機能、等が、追加される。
+  YouTube

Contact DLC( Steam

+  YouTube
※ 留意
 現物枠の動画(一番下)で、小型の車両 Robot の一部に、『 HONDA 』と、書かれて、いる、事を、確認。

Black Hornet Nano MOD(Workshop

 超小型の偵察機。

+  YouTube

Pook UGV Pack(Workshop

 実在の機体、『(A)MAARS、(B)MRK-27、(C)Adunok-M』、等。

+  YouTube

Battlefield 4(Wikipedia

無人偵察機( UAV )、等( Drone を含む)

+  YouTube

調査

他の参考

Drone(ドローン)に、武器を、積む

+  YouTube

結果

平成28(皇紀 2676;2016)年01月25日 現在

再編集
 平成28(皇紀 2676;2016)年01月31日

 別件を含め、数年前から調査(別課題)を行っていたが、改めて調査を行った結果では、『 Drone(ドローン)の利用 』が世間的にも問題視されており、『 Drone(ドローン)に武器を積む」ことも、国際的な話題として取り上げれれているが、既に政府側で課題と成っているので、特に追加的な報告を行わない。

 また「扱い(操作、管理)は、GAME、遊び感覚で行える」との部分に付いては、継続的な警戒が必要であるが、既に国家機関に対して資格制度(主に、Amateur無線、及び Radio Control 遊具の扱いに関する資格)の導入などを、既に当方から提言しているので、その程度に留める。

補足の調査

 「200g未満の機体は、法の規制外と、成る、事」が、判ったので、それに、伴う、再調査を、行う。

世間的な傾向

米国

平成30(皇紀 2678;2018)年05月16日 現在

  • グーグル社員4000人、軍用AI開発中止求める嘆願書 抗議の辞職も - AFP BB NEWS 平成30(皇紀 2678;2018)年05月16日 15時08分
    • [解説] - 「米国に所属する全ての企業には、国益(主に国家安全保障の関係)の為に、企業が保有する、あらゆる情報を国家へと提供する事を強制する法律が有る」との認識が有る。よって、社員が企業の役人に嘆願書(たんがんしょ)の提出を行っても、無理だと想える。嘆願書を作るなら(戦略性を想うならば)、大統領へ行った方が、少数でも効率的だと想える。なお、google の職員には、知性が高い人材が多く、それにも関わらず、今回のような展開を想えば、「故意(宣伝)で、軍事の業務、各国の Google 支社で受け付けています」を世界に伝える為に、嘆願書の事件を公に行った可能性を疑う。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-29 (火) 01:17:59 (31d)