国 受動喫煙が原因の死者数、年間1万5,000人

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-05-30 (月) 17:31:30
  • 段階、参照:

趣旨

 TV や Internet 上の報道を介して、『受動喫煙が原因の死者数、年間1万5,000人』と公開されていたので、その事実を確認した。

調査

厚生労働省 健康局 健康課

(一)
 厚生労働省科学研究費補助金を受けています。

 (甲)
 国立がん研究 Center(センター) に所属する研究班です。

 (乙)
 たばこ対策の健康影響 及び経済影響の包括的評価に関する研究(班)で、色々な大学の先生が参加しており、特定の先生が担当(問合せ先)と成ります。

 (丙)
 国立がん研究 Center(センター) に所属する研究班です(厚生労働省に所属していませんが、厚生労働省科学研究費補助金を受けて運営されています)。

(ニ)
 数値や公式等、詳しいことに付いては、担当の先生しか解りませんので、そちらへ御問い合わせ下さい。

(三)
(ご意見、ご要望が有りました事を)解りました。

  • 平成28(皇紀 2676;2016)年05月30日

概要

 報道されている内容に不信感を感じるので、主に二つの点に付いて明確にされたい。

(一)
 「厚生労働省の研究班」とは、どのような研究班なのか明確にされたい。

 (甲)
 厚生労働省側の、どこに所属をする班なのかを明確にされたい。

 (乙)
 班の名前を明確にされたい。

 (丙)
 くどいようだが、それが厚生労働省の研究班なのかを明確にされたい。

(ニ)
   数値に付いて、どのような統計、公式で求められたのか明確にされたい。

(三)
 結論的に、本件の報道に纏わる内容に付いては、『(あ)厚生労働省の研究班でわなく(不実)、(い)数値の求め方や出所が不明確で、(う)担当者の名前を伝え、問合せを行わせるに至る厚生労働省側の手順は、単に研究担当者の売名を行う為に利用されているに過ぎない』のだから、そのような報道を行わないようにと、報道の機関に対して行政的指導を検討されたい。

 (甲)
 また今回の報道を介して、特定の先生(と称される者)が、売名などにと用いている可能性などから、、該当の研究班に対する研究費を止められたい。

補足の調査

 後の追加的調査で、国立がん研究 Center は、国立研究開発法人である事も判明した。

結語

 結果的に、また『(あ)不実、(い)不明確』等の内容が、公然と報道されている事実を確認するに至っているが、日々において多くの不実(故意、過失)な情報が散漫と成っている事も解る。

  • 平成28(皇紀 2676;2016)年05月30日

過去の事例

  1. 国 選挙前の署名集め禁止 - 日誌/進捗/平成28年度/89
  2. 国 使い道のない Plutonium - 日誌/進捗/平成28年度/83

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:43 (778d)