国 警察庁(警視庁)内部に居る精神病質者の処理

  • 頁名: 日誌/進捗/平成28年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2016-06-01 (水) 19:24:08
  • 段階、参照:

趣旨

 警察庁、各警察機関の内部にて、精神病質者が増えているのかと判断しているので、再教育や排除(解雇)の請求を行う。

 基本的に、(警察官)個人の特定が行えれば、即時に人事を担当する部署へと通報が行え、それを10年以上も前から行っており、警察官による違法な挙動を発生させない教育を行う事へも繋げている。

 今回は、主に30代以上に見られる今時代的な教育を受けられてない人材に対する再教育や、それらが原因で警察官としての人格が劣化しつつ、精神病質者と化した輩などの処理を目的とする。

 ちなみに治安の悪い自治区を担当する人材の多くは、公務員として憲法や法律に比較すると機能してない事が多く、人材の人格にも問題が有る事が解っており、相応の対策が必要とされている。

 また、不良の公務員が少なく成ると、不思議と街の治安も自然的に向上する事が解っており(嘗て八王子市で試した事が有る)、犯罪者を追うよりも、経済性の効果が高い事も解っている。

 よって、精神病質者など不良公務員の排除を有する事が、経済的にも有益なのだから、それを優先する。

 なお、各種の宗教に基づく集団や、権力者に基づく小集団が形成され、それによる工作も展開されている可能性が疑えるので、それらに付いても観察を行う。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:43 (536d)