警察庁 過度な格闘技の試合に、決闘罪の適用を要請

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-04-24 (月) 19:53:25
  • 段階、参照:

趣旨

 近年、格闘技の分野において、多くの『事故と、主張する、決闘の被害』が、生じて、いる。

 よって、過度な格闘技の試合を、抑制する為にも、「決闘に、値するのか」を、判断する、必要性が、有るのだから、それの要請を、行う。

 なお、『現状における、裁判所を、含む、司法の倫理観が、低下するに、至って、いる、状況が、主原因』とも、想える。

留意  平成29(皇紀 2677;2017)年07月02日
 昔から、格闘技選手による、&color(green){家庭内、外暴力の事件}'も、多く、発生するに、至って、いる。
補足
 有名人の加害に、限らず、「柔道、等を、習った、事が、有る、男性に、多く、生じて、いる、事が、解って、いる」が、『(A)自衛官、(B)警察官、(C)消防士』、等の分野でも、生じて、いる、事が、解って、いる。

関する、課題

関する、事件


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-02 (水) 21:36:40 (146d)