立川市役所 陳情の方法

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-04-25 (火) 10:37:15
  • 段階、参照:

趣旨

調査(確認)

立川市役所 議会事務局 議事係

(一)
 

立川市役所 > 市政情報 > 立川市議会 > 議案・請願・陳情 > 請願と陳情の提出方法

概要

(一)
 陳情の流れを明確にされたい。

注意
 法に基づかない、誤解が生じるような説明が、初期に行われたので、「法や規則に伴う説明を請求」するに至った)

関連する規則

請願法(電子的政府)

昭和二十二年三月十三日法律第十三号

地方自治法(電子的政府)

第百九条

 普通地方公共団体の議会は、条例で、常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会を置くことができる。

二項
 常任委員会は、その部門に属する当該普通地方公共団体の事務に関する調査を行い、議案、請願等を審査する。
三項
 議会運営委員会は、次に掲げる事項に関する調査を行い、議案、請願等を審査する。
一号
 議会の運営に関する事項
二号
 議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項
三号
 議長の諮問に関する事項
四項
 特別委員会は、議会の議決により付議された事件を審査する。
五項
 第百十五条の二の規定は、委員会について準用する。
六項
 委員会は、議会の議決すべき事件のうちその部門に属する当該普通地方公共団体の事務に関するものにつき、議会に議案を提出することができる。ただし、予算については、この限りでない。
七項
 前項の規定による議案の提出は、文書をもつてしなければならない。
八項
 委員会は、議会の議決により付議された特定の事件については、閉会中も、なお、これを審査することができる。
九項
 前各項に定めるもののほか、委員の選任その他委員会に関し必要な事項は、条例で定める。

第百二十四条

 普通地方公共団体の議会に請願しようとする者は、議員の紹介により請願書を提出しなければならない。

第百二十五条

 普通地方公共団体の議会は、その採択した請願で当該普通地方公共団体の長、教育委員会、選挙管理委員会、人事委員会若しくは公平委員会、公安委員会、労働委員会、農業委員会又は監査委員その他法律に基づく委員会又は委員において措置することが適当と認めるものは、これらの者にこれを送付し、かつ、その請願の処理の経過及び結果の報告を請求することができる。

立川市議会会議規則

第百四十一条(陳情書の処理)

 議長は、陳情書のうち、その内容が請願として取り扱うことが適当と認められる場合は、請願書の例により処理することができる。

立川市議会請願・陳情取扱要綱 (立川市例規類集)

立川市議会委員会条例(立川市例規類集)


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:44 (769d)