国 被生活保護者の管理

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-01-20 (金) 16:28:15
  • 段階、参照:

趣旨

 各福祉事務所よる、被生活保護者への管理で、『(一)福祉、(ニ)資産、(三)契約』を、『第三者機関の設置』を、行い、そこで、管理(認証)を、行わせ、公務員側の負担を、軽減させる、事を、目論む。

  1. 福祉
    1. 医療
      1. 歯科
      2. 通常の医療
      3. その他
  2. 資産
    1. 預金
      1. 子供の養育費
      2. その他
  3. 契約
    1. 商取引
      1. 住宅
      2. その他
補足
 本件の事案は、僕が、嘗て、『法照らす』の設置を、要望する時に、用いた、口述と、同じ、要領(類推)的に、展開する。(つまり、戦略論を、用いる)

事前の調査

立川市役所 福祉保健部(立川市福祉事務所) 生活福祉課 - 平成29(皇紀 2677;2017)年01月20日

 特に、業務(公務員)側の負担と、成る事、等は、「聞いた、限りで、想い付きません」が、個人情報の管理に、付いて、気に、成ります。

概要

(一)
 現状における、公務の軽減を、図る、為に、主に(大枠で)、『(一)福祉、(ニ)資産、(三)契約』の観点を、第三者機関に、委託する、事を、(国へ、推奨する、検討を)想って、いる。

一、福祉
 主に、病院、等の医療(医療的福祉:医療券で、賄われる:医療的負担)に、関する、部分と、成る。
付き添い
 医療の機関へと、『被生活保護者に、付き添う、事』も、第三者機関にて、行ってもらう。
ニ、資産
 主に、支給された、現金、財産、等の管理。
金融機関口座の管理
 現状では、通帳の複写を、提出する(近年だと、通帳の発行が、無い、金融の機関も、増えている)が、その複写物を、行政側で、管理を、行わなわず、第三者機関で、認証、管理を、行ってもらう。
三、契約
 商取引の契約を、意味するが、主に、賃貸住宅契約、等。
賃貸住宅契約
 (A)被生活保護者の場合、家賃の上限が、定められており、(B)その基準を、業者側で、把握を、行っている事も、多く、(C)被生活保護者に、『物件の家賃を、上限に、合わせて、勧める』との事が、多い。(D)更に、火災保険料、等も、過剰な契約を、行わせる、事も、有る。
(D)火災保険料、等も、過剰な契約を、行わせる、事
 「被生活保護者(世帯)の火災保険料も、上限の基準が、設定されている」が、その事情を、業者側でも、把握を、行っている、関係から、それに、合わせて、料金の設定を、行いつつ、勧められる事も、多い。
 また、業者側が、「火災保険契約でも、利益を、得ている」との事が、解かっており、その収益を、得る、目的で、過剰な保険の契約(利益性が、高い、商品の契約)を、勧められる、傾向に、有る。

(二)
 『個人情報の取扱い』では、現状(振り込め詐欺事件において、高齢者へと、連絡を、行える、事情)を、想えば、「公的な機関から、高齢者の情報が、漏洩するに、至っている」と、想える。

 また、第三者機関による、管理(民営化)された場合、「行政側で、被生活保護者の個人的情報の管理も、無く、成る」と、想われる。

効果の観察

立川市役所 福祉保健部(立川市福祉事務所) 生活福祉課


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-10 (月) 19:38:38 (16d)